RCCラジオ「NEXCO西日本 Drive.Escort」

NEXCO西日本からのお知らせ!

今週は、高速道路を使うときに知っておきたい情報をお届けします。

高速道路を走行中、思わぬトラブルが起きてしまうことがあるかもしれません。
例えばETCレーンを通過する際に、開閉バーが開かなかったことはありませんか?
開くはずのバーが開かないと、ついつい焦ってしまいますよね…
こんなとき、どのようにすればよいでしょうか。
今日は、NEXCO西日本中国支社サービス課の
西脇可奈子さんにお話を伺います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Q.高速道路の料金所でETCの開閉バーが開かないという状況、
  例えばどんな時に起こるのですか?
A.主な原因は、ETC車載器へのETCカードの挿入が不完全であったり、
  カードの有効期限が切れていたりすることです。
  ドライバーの皆さんへのお願いですが、出発前にETCカードの向きや表裏などを
  しっかり確認して、車載器に挿入してください。
 また、前を走っている車が、急に止まることもあるかもしれません。
 もしもの場合に備え、ETCレーンは時速20キロ以下で徐行し
 いつでも停まれるようにしてください。


Q.自動車で走っていてもしバーが開かなかった場合、どうすればいいでしょうか。
A.まずはバーに接触しないように停車してください。
  そして停車と同時にハザードランプの点灯をお願いします。
 絶対にバックはしないでください。また、車両から降りてレーンを歩くのは
 危険ですのでやめてください。


Q.その次はどうしたらよいでしょうか?
A.停車していただくと、料金所のスタッフがインターホンにて対応します。
  声が聞こえるように窓を開けていただき、スタッフの案内に従ってください。


Q.いざというときのためにしっかり覚えておきたいですね。ところで、
  高速道路を利用する際、知っておくと役に立つ情報、ほかにありますか?
A.はい。道路交通情報サイト「アイハイウェイ」をおすすめします。
  このページでは、高速道路の交通状況をリアルタイムでお知らせしています。
  渋滞や通行止めの発生状況など
  ドライバーの皆さんに役立つ情報がいっぱいです。
  パソコンやスマートフォンなどで「アイハイウェイ」と検索してみて下さい!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



高速道路を利用する前に、皆さんもぜひチェックしてくださいね。






■今日の音楽

♪ホールドミーナウ/トンプソン・ツインズ



TOP