週末プラスα

2007年

3月2日(金)
今年の冬は暖冬で、すでに春の陽気を感じる日もありますが、そんなポカポカした休日にはファミリーでドライブに出かけて自然と動物に囲まれながら過ごしてみませんか?

今回ご紹介するのは岡山県赤磐市にある「ドイツの森クローネンベルグ」。
平成7年に開園したドイツの森はドイツのヴァルハウゼン村と友好関係を築いた縁で誕生したテーマパークです。
園内は「街」「村」「牧」「花」「遊」のエリアからなり、それぞれでドイツの文化や自然が体験できるようになっています。

園内のお花畑は季節ごとに満開の花で溢れ、春にはおよそ40万本の菜の花を見ることが出来ます。
そのほかにもゴーカートや芝すべり、グランドゴルフなどの遊具や西日本最大級のドッグランを楽しむことが出来ます。
ドイツの森の大嶋さんにとっておきのイベントを教えてもらいました。

☆ヒツジショーがオススメ。もう少し温かくなれば羊の毛刈りショーや豚レースを見ることも出来ます。

ドイツの森でもうひとつ魅力的なのがドイツグルメ!ソーセージやチーズはもちろん、地ビールや焼きたてパン・石窯ピザなど日本にいながら本場ドイツの味を食すことも出来るんです。
また、体験教室も豊富で手作りのソーセージを作ることも出来るので、おいしいソーセージを食べた後は、自分で作ってみる。というのもいいですね。
ドイツの食・文化・自然と遊ぶ、のどかな農園の休日を過ごしてみませんか?

ドイツの森クローネンベルグの開園時間は朝9時から夕方5時まで。
3月から11月まではお休みなしです。

写真 写真

「交通アクセス」
ドイツの森クローネンベルグへは
山陽自動車道山陽インターチェンジを下りてすぐ左折。道なりにまっすぐ進むと看板が出ているので是非参考にしてください。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.