週末プラスα

2007年

4月20日(金)
4月も後半になるとさすがに桜の季節は過ぎてしまっていますが、 春といえば、その美しさをより一層際立たせるのが「花」ですよね。

今回の週末+αでは、そんな花を求めて鳥取県へ。ご紹介するのは鳥取県西伯郡にある「とっとり花回廊」。
平成11年4月にオープンして丸8年目を迎えた日本最大級のフラワーパークです。50ヘクタールを誇る敷地は市民球場に換算するとおよそ20個分に相当するほど。

その園内では年間で400品種200万本の花が咲き誇り、四季を通じて子どもから大人まで楽しめる施設になっています。
これからの季節では、ちょうどゴールデンウィーク頃にポピーやビオラが見頃。驚くのはその数です。名峰・大山をバックに合計10万本が咲くとのことなので、見ごたえも十分ですよね。
その他にも日本国内に自生する100種類以上のユリが一年を通して鑑賞する事が出来たり、中心部のフラワードームが直径約50mの温室になっていて熱帯植物やコチョウランも見る事が出来るそうです。

GW期間中は「フラワーピクニック」と題したイベントを開催。家族全員でのGWのお出かけスポットにもぴったりではないでしょうか?
そして、よりメルヘンな世界に浸りたいなら園内をぐるりとまわるフラワートレインがオススメです!愛らしいスタイルのフラワートレインに揺られながらの散策は徒歩とはまた違った発見が出来るかもしれませんね。
疲れたら展望喫茶でハーブティーやケーキを楽しんで、おみやげには名物の「ゆりねまんじゅう」を買ったりして春の恵みを満喫しましょう!

「交通アクセス」
とっとり花回廊へは
米子自動車道溝口インターチェンジを下りて10分ほどで到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.