週末プラスα

2007年

7月13日(金)
7月も中盤、学生の皆さんはもうすぐ夏休みですよね。
夏休みにはたくさんの宿題もつきものですが、楽しいドライブのついでに自由研究に役立つスポットに出かけてみる、なんていうのはいかがでしょうか?

今回ご紹介するのは岡山県倉敷市にある「ライフパーク倉敷・科学センター」。
倉敷市の生涯学習の中核施設であるライフパーク倉敷は「科学センター」、「情報学習センター」など5つの施設から構成されている施設で1993年の4月にオープンし、今年で14年目を迎えました。
図書館や市民学習センターなどの施設の中で、子どもたちに人気があるのが「科学センター」で、歴史や科学のことについて楽しみながら学べる施設になっています。

まず注目したいのがプラネタリウム。全長21mのドームスクリーン、座席数210席のプラネタリウムでは、解説員による「今夜の星空解説」と定期的に変更する星や宇宙の話題が楽しめます。
7月13日からは、あの「星の王子様」についての話題が放映されるそうですよ。
また、同じ施設を使ってプラネタリウムと交互に行われているのが「全天周映画」。プラネタリウム独特のドームスクリーンを利用して巨大映画を映し出す大迫力の映像システムは全国的にも珍しいんだそうです。

そしておよそ100点が並ぶ科学展示室で圧巻なのが、日本製のロケット「H−IIロケット」の実物エンジン。 重さ3t、高さ3mの迫力あるエンジンが見られる機会なんて滅多にないですよね。
その他にも、アルキメデスのポンプや、ワットの蒸気機関などの興味深い展示、そして飛び出す画像を楽しめる特別展示「3D立体展」や似顔絵を書いてくれるコンピューターなど、楽しめる展示もたくさんあります。
夏休み中にも皆既月食観望会などたくさんのイベントが予定されています。

これだけ科学や自然について触れる事が出来れば、夏休みの宿題に怖いものはありませんよね!今年の夏休みは、しっかり遊んで、そして学ぶことまで出来てしまう倉敷ライフパークまでドライブしちゃいましょう!

ライフパーク倉敷 オリオン座

「交通アクセス」
ライフパーク倉敷へは 山陽自動車道を経由して瀬戸中央自動車道水島インターチェンジを下りて、およそ10分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.