週末プラスα

2007年

8月3日(金)
男の子にとって乗り物といえば、子供の時からも、そして大人になっても憧れの存在。
その上、陸・海・空すべての乗り物について知る事が出来るスポットがあれば、この夏休みに出かけてみたくなりませんか?

今回ご紹介するのは広島市安佐南区長楽寺にある「広島市交通科学館」。平成7年にオープンして今年で12年目を迎え、様々な乗り物について楽しく学べる施設です。
館内では世界の乗り物の交通の歴史やその未来が、沢山の模型やコンピューターで紹介されていて、見るだけでなく実際に触ったりしながら見てまわる事が出来ます。

その一部をご紹介しましょう。
まず見ごたえがあるのが「ビークルシティ」。3階と4階を吹き抜けにしたフロアを利用した直径20mの立体模型で、近未来都市の一日が再現されています。
街と街を結ぶロープウェイや街の中に敷かれた動く歩道など、ごく身近になっている未来の乗り物を見ることが出来るんです。
そのほか展示室では過去から現在までの陸海空の乗り物の模型を見ることが出来ます。
それぞれの乗り物が発明された時代から展示してあるので、その歴史も知る事が出来るんです。
これだけの規模の模型を見ることが出来るのは日本でも珍しいそうですよ。更に屋外広場には「おもしろ自転車」があり、変わった形の自転車に乗る事も出来ますし、ライブラリーでは乗り物に関する本や資料を探し出す事ができます。

夏休みには、宿題シーズンということもあり、工作教室が毎日のように開かれるそうです。日程や申し込みが必要なものもあるので、参加をしてみたいという人は交通科学館に問い合わせてみてくださいね。
そして現在開かれているイベントが「懐かしのスーパーカー展」。70年代後半に子供たちを熱狂させた6台のスーパーカーが展示されています。ランボールギーニ・カウンタックやトヨタ2000GTなどお父さん達には懐かしい、お子さんには新鮮な名車が勢ぞろい!8月には実際にエンジンをかけてみるというイベントも予定されています。
この懐かしのスーパーカー展は9月2日まで開催されています。
乗り物に関するお土産も沢山用意されているそうですよ!
この夏休みにご家族で交通科学館に出かけてみませんか?

広島市交通科学館 名車


「交通アクセス」
交通科学館へは 山陽自動車道を使って福山・岡山からは広島インターチェンジ、廿日市・山口方面からは五日市インターチェンジが最寄となっています。どちらからも、およそ10分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.