週末プラスα

2007年

8月24日(金)
ドライブに出掛けた時に、その土地の歴史や文化も学んで帰れたら、より良い思い出となって残りますよね。さて、島根県といえば石見銀山をはじめとして様々な文化や遺跡がありますが、島根県の芸術が集まったスポットへのドライブ、というのはいかがでしょうか?

今回ご紹介するのは、島根県益田市にある「島根県芸術文化センター・グラントワ」。
グラントワは石見美術館と島根県立いわみ芸術劇場で構成される芸術文化施設で2005年に開館しました。
「グラントワ」とはフランス語で「大きな屋根」を表した言葉で、特産の石州瓦を使った切妻屋根が特徴であるグラントワの建物に由来しています。

グラントワ内にある石見美術館は、島根県津和野出身である「森鴎外ゆかりの美術家の作品」、そして「石見地方の美術」、またバラエティに富んだ「ファッション」、という3つの収集方針をもとに様々な芸術作品を見ることが出来ます。
同じく、グラントワ内にある いわみ芸術劇場には1500席を備えコンサートやオペラが楽しめる大ホールと、400席で映画会や落語会、毎週日曜日には夜神楽が楽しめる小ホールというふたつのホールが完備されています。
施設の中心に設置されている中庭には1辺45mのスペースに水が張られていて普段は休憩を取りながら鑑賞できるほか、水を抜いてイベントに使われることもあるそうですよ。

グラントワでは現在「ボックスアート〜プラモデルパッケージと戦後の日本文化〜」という企画展が開かれています。こちらはプラモデルのパッケージアートの原画やジオラマなど、プラモデル草創期から現在までの時代を代表するボックスアートの数々およそ400点が楽しめる見ごたえある企画展。誰もが一度は触れたことがあるプラモデルを題材にした企画展ということで、男性に非常に人気があるそうです。
ボックスアート展は10月8日まで開催されていますよ。
今度のドライブは島根県に足を運んで、島根の芸術に触れてみませんか?

写真 写真

「交通アクセス」
島根芸術文化センター・グラントワへは、中国自動車道経由浜田自動車道浜田ICを下りて9号線を益田市方面へ。高速を下りて、およそ50分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.