週末プラスα

2007年

9月7日(金)
ドライブでたどり着く先は、景色のきれいな観光名所や地元の食材がおいしい港町などいろいろありますが、「地底王国で古代文明の謎を解く」なんて言われると、なんだか冒険心が湧き上がってきませんか?

今回ご紹介するドライブスポットは山口県岩国市にある「地底王国 美川ムーバレー」。
平成8年にオープンした美川ムーバレーは地下に広がる玖珂鉱山跡地の坑道を利用したテーマパークで、そのテーマが「謎に満ちた超古代文明」という全国的にも珍しいユニークな施設になっています。

1年ごとに探検のストーリーがリニューアルされる美川ムーバレーですが、今回のテーマは「ペトログリフの謎・未来への鍵」。
入り口で渡される調査記録カードと謎の金属片をもとに、古代文字が刻み込まれた岩石「ペドログリフ」の謎を解いていくというストーリーになっています。
地底王国は全長40km以上ある坑道のうち、およそ1kmが使われていて、その途中には神殿や石像など異次元の世界に導いてくれる18のゾーンが広がっています。
平均的な所要時間が1時間15分、施設内の温度は年中15度くらいを保っているということなので、まだ暑さの残るこの季節に天然のクーラーで涼を楽しむというのもいいかもしれませんね。

美川ムーバレーのもうひとつの人気メニューがいつ行っても楽しめる「砂金採り体験」。
パンと呼ばれるお皿を使って無数の砂の中から砂金を掘り出すこの体験は子供だけでなく大人まで夢中になるそうですよ。これまでには、なんと30分で80粒の砂金を見つけたおばあさんがいたそうです。
初心者でもスタッフが丁寧に順序を教えてくれてすぐにコツをつかめるということなので、訪れた際には是非体験したいですよね。

探検を終えてお腹がすいたらバーベキューコーナーでジンギスカンを、また10月からはレストランで特製の「きりたんぽ鍋」が楽しめるそうです。
宿泊施設「山ほたる」には古来から薬の石として用いられた麦飯石(ばくはんせき)の成分を使った温泉があるので、ここでゆっくり疲れをとって翌日は近くの錦帯橋に出かける、というルートで9月のドライブを楽しんでみませんか?

写真 写真

「交通アクセス」
地底王国・美川ムーバレーへは、山陽自動車道岩国ICを下りておよそ30分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.