週末プラスα

2007年

10月5日(金)
ドライブスポットの定番といえば、動物園!と答えられる方も多いのではないのでしょうか?
動物たちの愛らしい姿を見ると日頃の忙しさも忘れて癒やされてしまいますよね。
今日は貴重な動物を見ることができる動物園を、ひとつご紹介しましょう。
今回ご紹介するのは、広島県広島市安佐北区にある「広島市安佐動物公園」。
安佐動物公園は全国で62番目の動物園として1971年に開園して今年で36年目を迎えました。

園内では、およそ160種1500頭の動物達に出会うことができます。
安佐動物公園では繁殖にも力を入れており、先日は人工飼育によるオオサンショウウオの繁殖に世界で始めて成功しています。
そして、安佐動物公園に住むクロサイのハナとクロは長寿日本一を誇っていて、彼らの子供たちは全国の動物園でも見ることができるんです。
園内では動物達を生息地や仲間ごとに見ることができるほか、ぴーちくパークの中にある「わくわく広場」ではヤギやミニブタ、 テンジクネズミといった動物と触れ合う事ができます。
土日祝日にはポニーの乗馬体験を楽しむことも出来るんですよ。

また、は虫類館では30年ぶりにお目見えしたアルマジロトカゲを見たり、夜行性動物館では小さくてかわいらしいフサオネズミカンガルーなど珍しい動物を見ることもできます。
動物科学館では動物たちの体の仕組みや能力が資料や模型を使って紹介されていて、ゾウやゴリラと力比べが出来る体験型コンピューター「動物と綱引き」は子供たちにとっても人気があるそうです!
更に安佐動物園では様々なイベントが行われていて、毎週土曜日には動物が住んでいる建物に入る事ができるバックヤードガイド、そして 10月の毎週日曜日には飼育係が園内のいろんな場所で動物のお話をしてくれる「飼育係とお話サンデー」が開かれます。

現在、ぴーちくパークの中にある「動物子育ての家」ではオオサンショウウオの
卵の一部が公開されていて、10月の下旬にはもしかしたら孵化の瞬間が見れるかもしれないそうです!

この秋は、新たな命の誕生を覗きに安佐動物公園に出かけてみませんか?

写真 写真

「交通アクセス」
広島市安佐動物公園へは、山陽自動車道広島IC、または五日市ICのどちらから下りても20分程度で到着する事ができます。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.