週末プラスα

2008年

1月11日(金)
今年は雪の正月になり、寒さもいよいよ本格的になってきました。
冬はおいしいものが旬をむかえる季節ですが今日の週末+αでは、冬の味覚をちょっと変わった場所で楽しめる。そんなドライブスポットとイベントをご紹介しましょう。

今回ドライブにお勧めするのは鳥取県境港市。
カニの水揚げでも有名な境港ですが、境港で、カニと同じくらい有名なのが「妖怪」。
鳥取県境港市は「ゲゲゲの鬼太郎」や「悪魔くん」でおなじみの漫画家、水木しげるさんの出身地であり、その作品や妖怪の世界を楽しめるのが今日ご紹介する「水木しげる記念館」なんです。
ここは水木しげるさんの全てが分かる記念館となっていて、平成15年の3月8日(水木しげるの誕生日)に開館しました。

記念館の1階には水木しげるさんの仕事場を再現したセットやお馴染みの妖怪たちが生活している姿など、一歩踏み込むだけでその世界に溶け込んでしまうような展示がされています。
また、水木さん直筆の妖怪の絵が描いてある階段を登ると2階には、水木しげるさんの人生81年間を振り返った10mにも及ぶ「人生絵巻」が展示されていて、こちらも見所満載です。
そして1月13日に開かれるおいし〜いイベントが「カニ感謝祭」。
水揚げ量日本一をPRするこのイベントでは水木しげる記念館から120体の妖怪ブロンズ像が並ぶ水木しげるロードを通って妖怪神社まで、というルートをカニを山積みにしたリヤカーでパレードするんです。
そのリヤカーを引くのはなんと鬼太郎など、おなじみの妖怪たち。
このパレードの参加者には先着でカニがプレゼントされるというなんとも嬉しいイベントも用意されていますよ!

ねずみ年である今年は、水木しげるロードに「ねずみ男」がよく出没するそうなので、もしかすると出会えるチャンスがあるかもしれませんね。

写真


「交通アクセス」
水木しげる記念館へは、米子自動車道米子ICを下りて北上。
およそ40分で到着。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.