週末プラスα

2008年

2月8日(金)
さて、「お菓子の家」というと誰もが小さい頃にあこがれたと思いますが、鳥取にそびえ立つ「お菓子の城」なんて聞くと興味が沸いてきませんか?
今度のお休みはお子さんを連れてお菓子の城までドライブしちゃいましょう!

今日ご紹介するのは鳥取県米子市にある、その名も「お菓子の壽城」。
お菓子のテーマパークとして平成5年にオープンした壽城ですが、なんといってもまず驚くのが、その外観。
米子城をモデルにした大きなお城を高速道路から見かけた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
本物そっくりの立派な天守閣や旧米子城から石垣を移築するこだわりようで、建物だけでも一見の価値があります。

城内には名物「とち餅」をはじめとした数々の和菓子・洋菓子や山陰の海産物がズラリと並び、試食やショッピングを楽しむことが出来ます。
とち餅は、お菓子の壽城創業者の「おふくろの味」を再現した銘菓で、いまや全国からその味を求めてリピーターがやってくるそうです。
また、お城の天守閣部分は周囲360度を見渡せる展望台になっていて、天気がいい日だと東に大山、北に日本海が一望できる絶好の展望スポットになっています。

その他にも2階の喫茶コーナーでは「とち餅」を食べながら旅の疲れを癒すことも出来ますし、見学通路からはガラス越しに銘菓が作られる工程を見学することができるんです。
毎週日曜日には「もちつき大会」で、自分でついたお餅を食べられるというイベントが行われているので、もちつきをしたことがないというお子さんにも喜ばれているそうですよ。
また、バレンタインを前に恋愛成就の神社が城内に設置されていて願い事をすれば出雲神社に奉納してくださるそうなので、チョコレートと一緒にお参りをされてみてはいかがでしょうか?
長いドライブの疲れは甘〜いお菓子で癒して、元気いっぱいで帰りましょう!

写真

「交通アクセス」
お菓子の壽城へは米子自動車道米子インターチェンジを下りてすぐ、およそ1分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.