週末プラスα

2008年

5月16日(金)
ドライブするのに気持ちいい季節になってきましたが、ヨーロッパの風を感じられそうな、そんなドライブスポットに出かけてみませんか?

今回ご紹介するのは岡山県倉敷市にある「倉敷チボリ公園」。
1997年に開園したチボリ公園は150年の伝統を誇るデンマーク・チボリ公園のデザインとノウハウを導入して作られた花と緑の癒し系テーマパークです。
およそ12ヘクタールの敷地内には多彩なアトラクションやショップ、飲食施設が立ち並び、異国情緒たっぷりの時間を過ごす事ができます。
20を超えるアトラクションの中には園内が一望できる観覧車「チボリバルーン」や雄大な湖を漂う「レイクボート」など、おなじみのものから、子供からお年寄りまでが楽しめる世界一遅いジェットコースター「チボリ鉄道」なんていう、ちょっと変わったものまでありますよ。
また、4月から新しく登場したアトラクション「MEGA3D360」は、360度のスクリーンで宇宙空間など異次元の世界を立体で楽しめるアトラクションになっています。迫力満点の映像が人気なんだそうですよ。

園内には季節ごとに色とりどりの花が咲き誇り、今の季節だとサルビアやスイレン、バラなどの花が楽しめます。そして湖のほとりにある人魚の島は「恋人の聖地」に認定されていて、人魚像にひしゃくで水をかけると願いが叶うと言われている事からたくさんのカップルが訪れているそうです。
再入園が可能なチボリ公園では同じく倉敷の観光名所である美観地区までのシャトルバスが運行されているので、お互いを行き来しながら楽しむ事も出来ますよ!

園内にあるバームクーヘンの館では、製造工程を見学する事も出来ますし、焼きたてのバームクーヘンはお土産に大変人気なんだそうです。 週末は遅くまで開園しているのでライトアップされたチボリ公園というのもお勧めですよ。今度のお休みは異国の空気を吸いに、出かけてみませんか?

「交通アクセス」
倉敷チボリ公園へは山陽自動車道倉敷インターチェンジを下りて、およそ10分ほどで到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.