週末プラスα

2008年

6月20日(金)
さて、お休みの日はのんびり過ごしたい、今日はそんな方にオススメのドライブスポットをご紹介しましょう。

今回ご紹介するのは、岡山県高梁市川上町にある「吉備川上ふれあい漫画美術館」。国内外のマンガを集めた全国でも珍しいマンガ専門の美術館として平成6年にオープンしました。
また、この美術館の名誉館長が「お笑いマンガ道場」などでおなじみの漫画家、富永一朗さん。川上町のマンガを使った町おこしに共感した事をきっかけに名誉館長になられたという事で、この美術館では富永一朗さんの原画なども見ることが出来るんです。

美術館1階には「まんが読書室」があり、所蔵12万冊のうち6万冊が実際に手にとって読むことが出来ます。そのマンガは昭和30年代後半に出版された貸し本マンガなど貴重なものから、現在のものまで揃っているので家族で楽しい時間を過ごすことが出来ます。
また2階には、「ごろごろ読書室」という広いスペースがあり、その名の通り、ごろごろと寝そべりながらマンガを読むことが出来ます。
そして同じ館内にある富永一朗さんの画廊では、お笑いマンガ道場で書かれた実際のフリップをはじめとした、およそ50点の原画や使用している道具が展示されています。

また展示室では毎年行われている「吉備川上まんがグランプリ」の受賞作品を見ることが出来ます。このグランプリは今年も「むかしむかし」をテーマに募集が始まっていて、全国から作品が送られてくるそうですよ。

また、美術館の周辺には弥高山キャンプ場や美星天文台などもあるので、合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか?


「交通アクセス」
吉備川上ふれあい漫画美術館へは山陽自動車道笠岡インターチェンジを下りて、井原市方面へ。およそ40分ほどで到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.