週末プラスα

2008年

8月15日(金)
まだまだ暑い日が続いていますが、妖怪たちと一緒にちょっぴり涼しい夏を過ごせそうなドライブスポットに出かけてみませんか?

今回ご紹介するのは、鳥取県境港市にある「ゲゲゲの妖怪楽園」。
今年の3月にリニューアルオープンした妖怪楽園は、漫画家・水木しげるさんの「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの妖怪たちが出迎えてくれる世界で初めての妖怪プチテーマパークです。

園内は休憩も出来る妖怪楽園広場と、いろんな体験が出来る妖怪楽園館に別れています。
妖怪楽園広場では、子供達が入って遊べる「鬼太郎の家」や、乗って遊べる「一反木綿」のオブジェがあったり、妖怪縁日小屋では昔懐かしい射的やスマートボールなどがあるので親子で夢中になって遊ぶ事ができます。
広場にはイスやテーブルも設置されているので、疲れた体を休める事も出来ます。また、運がいいと鬼太郎や猫娘に会うこともできますよ。

写真
そして、妖怪楽園館の中にあるのが
「3Dびっくりサウンドシアター 妖怪島」。
こちらは音で楽しむアトラクションになっていて、360度の立体音が聞けるヘッドフォンをつけて音声だけで妖怪たちの戦いを臨場感たっぷりに楽しむ事ができます。

また、「妖怪写真処」では巨大な妖怪「がしゃどくろ」や「目玉の親父」を手のひらに乗せたりして写真を撮れるので、記念にカメラに収めておきたいですよね。

たくさん遊んだ後は、園内にある妖怪茶屋で人気の「妖怪ラテ」を飲んでみませんか?これはラテの上に一反木綿や目玉のオヤジが「浮かびあがる」もので、子供だけでなく女性にも人気なんだそうですよ。
その他には暑い季節なので、鬼太郎かまぼこがのった冷たいおそうめんなんかもオススメです。

夏休み最後の思い出に、妖怪たちに会いに境港に出かけてみませんか?

写真
写真


「交通アクセス」
ゲゲゲの妖怪楽園へは 中国自動車道を経由して米子自動車道米子インターチェンジを下りて、境港方面へ。およそ40分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.