週末プラスα

2008年

9月5日(金)
朝晩も涼しくなり、だいぶ過ごしやすい季節になってきました。
こんな季節のドライブには、旬の果物を思う存分楽しめるスポットに出かけてみませんか?

今回ご紹介するドライブスポットは
広島県三次市にある「フルーツの森・平田観光農園」。
今年で24年目を迎えた観光農園で、いまや県内だけでなく四国や九州からもはるばる訪れる方がいらっしゃるそうです。

平田観光農園の一番の特徴は、なんといっても一年を通じて果物狩りが出来るという事。
広島市民球場の3倍という広大な敷地で、春はイチゴやさくらんぼ、夏はブドウや桃。冬は西洋梨などを楽しむ事ができます。
そしてこれから秋にかけてはブルーベリーや巨峰、なし、りんご、栗と、まさに実りの季節を迎えますよ。

平田観光農園では通常の食べ放題のプランに加えて、いろんな果物を収穫したいという人にオススメの「フルーツバスケット」というプランがあり、こちらではひとつの種類ではなく、いろいろな 果物畑を回りながら、それぞれを収穫する。という果物狩りが楽しめます。

そして、自分の手で摘み取った果物はもちろんその場で食べる事も出来るのですが、せっかくなら、ちょっと手を加えて旬の味を楽しんでみませんか?
そこでおすすめなのが平田観光農園で行っている体験教室。
こちらでは収穫した新鮮な果物を使って世界にひとつだけのフルーツピザを作ったり、ジャムを作る事が出来ます。
是非ピザ作りをしてみたいという方は、石窯を温める時間が必要ということなので予約の電話を入れてから出発する事をオススメします。

園内にはウサギやニワトリ、メダカと触れ合える「どうぶつ広場」があったり、季節の花々も目を楽しませてくれるということで、果物狩り以外でもたっぷり楽しむ事が出来ます。

秋の味覚を味わいに平田観光農園にお出かけしてみませんか?

写真
写真


「交通アクセス」
フルーツの森・平田観光農園へは、中国自動車道三次インターチェンジを下りて、およそ20分での到着です。看板も出ているので、参考にしてくださいね!



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.