週末プラスα

2009年

1月16日(金)
さて、鳥取県といえば、この季節有名なのが「松葉がに」。
今日は、そんなカニが主役のドライブスポットです。
今日ご紹介するのは、鳥取県鳥取市賀露町にある「とっとり賀露かにっこ館」。
かにっこ館は「見て」「触れて」「体験できる」カニが主役の小さな水族館として平成15年8月にオープンしました。
こちらでは松葉ガニをはじめとした50種類およそ1000匹のカニを見ることが出来ます。
例えば足を伸ばせば4mを超えるものもいるという世界一大きなカニ「タカアシガニ」や甲羅の大きさが1cmもない「ヒメアカイソガニ」など普通の水族館ではなかなか見ることが出来ないものにまで出会えるんです。

館内にある「松葉ガニ牧場」では深海の世界が再現されていて、30匹以上の松葉ガニを見ることができ、松葉ガニがどんなカニなのかを勉強することが出来ます。
その他、「かくれんぼの天才」というブースでは、かくれんぼが得意なカニを探すことを楽しんだり、「カニの仲間」というブースではカブトガニが展示されていて、本当にカニなのか?そんな疑問について調べることが出来るんです。
また、かにっこ館ではカニの他にも60種類およそ500匹の鳥取で見られる魚、サメやマダイ、スズキなどに出会うことが出来ますよ。

そして土日祝日にはヒラメの魚拓作り体験やカニの折り紙体験などの体験イベントが開催されています。
一番の人気は「カニ竹細工体験」。竹細工でカニの置物を作るものなんですが、お子さんだけでなくお父さんやお母さんも夢中になっているそうです。

かにっこ館では季節ごとに企画展示を行っていますが、今の時期はカニと同じ甲殻類であるエビを取り上げた「必見!エ〜ビっくりなエビの世界」という展示で、アメリカンロブスターやオトヒメエビなど珍しいエビを見ることが出来ます。
ほかにも、丑年にちなんで英語で「COWFISH」と呼ばれるハコフグや「ウシノシタ」とも呼ばれるシタビラメなど牛を想像させる特集も組まれていますよ。

かにっこ館は入場無料なので、ぜひご家族でどうぞ!!

写真
写真


「交通アクセス」
とっとり賀露かにっこ館へは中国自動車道津山インターチェンジを下りて、およそ1時間30分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.