週末プラスα

2009年

2月13日(金)
さて、みなさんは今年が「ガリレオが自作の望遠鏡で星を観察してから400年」の節目にあたる「世界天文年」である、という事ご存知だったでしょうか?
今日は、そんな年にピッタリのドライブスポットです。

今日ご紹介するのは鳥取県鳥取市佐治町にある「鳥取市さじアストロパーク」。
さじアストロパークは1994年7月にオープンした施設で日本有数の大型望遠鏡を備え、心ゆくまで星空を楽しめる天文台なんです。

メイン施設となる佐治天文台では、103cmの鏡で光を集める大型展望鏡で、肉眼では見えない暗い星を観察したり、太陽望遠鏡を使って黒点やプロミネンスの様子を見たりして、日常では体験できない天体ショーを楽しむことが出来ます。
また、同じ館内にプラネタリウムがあり、季節によって変わる星座のことが学べたり、星に関する楽しい番組を見たりすることも出来るんですよ。

その他の展示も、スペースシャトルで宇宙に行った宇宙メダカや、太陽のまわりをまわる8つの惑星と冥王星の大きさ比べの模型、宇宙から見た夜の地球の写真など興味を惹かれるものばかり。
もちろん、大型望遠鏡の仕組みや太陽の姿を勉強することもできますよ!

さじアストロパークには、望遠鏡を備えた宿泊施設もありますので、こちらに泊まれば一晩中星を楽しむことだってできちゃいますよ!
もちろん、世界天文年に関連したイベントも行われていくということなので、これから1年、さまざまな季節に、さじアストロパークを訪れてみませんか?

写真
写真


「交通アクセス」
中国自動車道院庄インターチェンジもしくは津山インターチェンジを下りて、どちらからも1時間ほどでの到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.