週末プラスα

2009年

3月6日(金)
さて、今回の週末プラスαでは、あの「どじょうすくい踊り」でおなじみの民謡「安来節」の魅力をたっぷり味わうことの出来るスポットをご紹介します。

それは、島根県安来市にある「安来節演芸館」。
この施設は全国で親しまれている民謡「安来節」の殿堂として、その発祥の地、安来市に2006年オープンしました。

写真 館内には桟敷席をイメージした畳敷きの演芸場があり、こちらでは毎日5回、臨場感ある生の安来節公演を楽しむことが出来ます。
歌や踊りで構成された30分の公演の中では希望すれば舞台に上がって「どじょうすくい」を体験することもでき、ご年配の方からお子さんまで、幅広いお客さんが汗だくになりながら踊られるんだそうです。
そして、土日祝日には、安来節の歴史を描いたお芝居を見ることも出来ますよ。

また、展示コーナーでは、安来節を全国に広げる原動力となった女性、「渡部お糸」に関することや、安来節の歴史、どじょうすくいが楽しく学べる映像など、安来節に関することがたくさん展示されています。

安来節演芸館で、もうひとつ人気なのが、お食事処「どじょう亭」。
こちらでは小ぶりのどじょうを丸ごと使った柳川鍋や丼などを食べることが出来ます。
どじょうは、うなぎに比べて9倍のカルシウムがあるといわれ、コラーゲンもたっぷり含まれていることから、女性の方にも人気なんだそうですよ。

安来節をもっと学んでみたい、という人には「まるごとどじょうすくい踊り体験」と題して、2階にある教室でより本格的に教えてもらうことも出来ます。

今度の休日は、島根が全国に誇る伝統民謡「安来節」を踊りに出かけてみませんか?

写真


「交通アクセス」
安来節演芸館へは山陰自動車道安来インターチェンジを下りて15分、また新緑の季節などは中国自動車道庄原インターチェンジから山あいを抜けるルートもオススメだそうです。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.