週末プラスα

2009年

7月24日(金)
みなさん、今年の夏はもうどこかの海へお出かけになりましたか?まだ、この夏泳いでいない!という人は、今日オススメする海水浴場に出かけてみませんか?

写真 今日ご紹介するドライブスポットは、広島県呉市蒲刈町にある広島県立県民の浜。
ここは、昭和63年にオープンした海水浴場なんですが、今や「西日本屈指のリゾート地」とも言われる場所なんです。

今年もすでに、7月10日に海開きをした県民の浜ですが、その人気の理由は海水浴場だけではなく、その周辺にさまざまな施設が揃っていて、遊ぶ、泊まる、癒やされる、がいっぺんに叶えられるということ。

まず、メインの海水浴場は日本の渚百選などに選ばれているほど水がきれいな海で、泳ぐ以外でも、波が穏やかな事を利用してシーカヤックを楽しんだり出来ます。
また、天然温泉やすらぎの館は、安芸灘を望む景色が人気で、開放感を味わいながら温泉につかる事が出来るんです。
修学旅行生に人気なのは、古代から伝わる、土器を使った藻塩づくりの体験施設。
こちらで作った藻塩は持って帰ることもでき、ゆで卵などにつけて食べるのがオススメなんだそうです!

その他にも、テニスコートや体育館、瀬戸の海を眺めるコテージなどがあるので、その人のスタイルに合わせた過ごし方が出来ますね。
夜は、海に面した場所で建物が少ない事から、星がきれいに見えるということで、天体観測館で星を眺めるのもロマンチックですよ!

昨年11月に豊島大橋が出来た事で、大崎下島へも足を伸ばせるようになったので、瀬戸の島々を楽しみながら1日ゆっくり過ごしてみませんか?

写真 写真
「交通アクセス」
広島県立県民の浜へは山陽自動車道西条インターチェンジまたは河内インターチェンジを下りて、どちらからも、およそ70分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.