週末プラスα

2009年

9月18日(金)
朝晩もグッと涼しくなり、だんだんと秋を感じるようになってきましたね。今度の休日は、そんな秋を楽しむスポットに出かけてみませんか?

今日ご紹介するのは鳥取県米子市淀江町にある白鳳の里。
「雨の真名井(あめのまない)」という名水で知られる米子市淀江町は大山のふもとに広がる名水の里で、白鳳の里はその名水で育つ広葉樹の実「ドングリ」に注目した施設なんです。こちらには「どんぐり館」「淀江ゆめ温泉」「古代の丘公園」という3つの施設があり、食事・温泉・古代体験などが楽しめるようになっています。

まず、ドングリ館では地元の名産品や特産品を食事で楽しんだり、お土産として買うことが出来ます。食事では、名水を使って作った豆腐や、建物の名前にもなっているドングリ料理を食べることが出来ますよ。
ドングリうどんやドングリ味噌、最近ではドングリ焼酎なんかも人気なんだそうです。

写真 写真
また、淀江ゆめ温泉では、森林浴と温泉浴を両方楽しめる庭園の中の露天風呂でゆっくりと疲れを癒せます。
どんぐり館前の足湯コーナーには、地下水や温泉水を汲んでもって帰ることが出来るスポットもあるんですよ。

そして、古代の丘公園は古代人の住居や暮らしを体験したり、古代ハスなどの植物を見て楽しむことが出来ます。
こちらには木製のフィールドアスレチックや高床の展望台があるのでお子さんが遊ぶことも出来ますし、復元された竪穴式住居や古墳などで古代の文化を学ぶ、というのもいいですね。古代体験の館では、火おこしや土器作りを楽しむことが出来ます。体験の数も豊富なので、是非事前に調べて予約をしてから行ってみてください。

写真 写真
大山の紅葉を見ながら、ドングリ料理を食べる。
こんな秋の過ごし方はいかがでしょうか?

「交通アクセス」
白鳳の里へは米子自動車道を経由して山陰道淀江インターチェンジを下りて、およそ5分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.