週末プラスα

2009年

11月13日(金)
写真
さて、日本各地には、その土地で語り継がれる民話や神話がいくつもありますが、こんどの休日は、出雲の国に伝わる民話を学びに家族で出かけてみませんか?

今日ご紹介するドライブスポットは、島根県松江市にある「出雲かんべの里」。
ここは、出雲地方に伝わる民話や神話、伝統工芸を楽しく体験できる施設なんです。
出雲かんべの里は「民話館」「工芸館」「自然の森」の3施設で構成されています。
まずいろいろな民話を学べる「民話館」では、松江にゆかりのある小泉八雲の「耳なし芳一」をマジックビジョンと呼ばれる立体映像で鑑賞することが出来ます。
同じく民話館の中にある「伝承の座」では、「とんと昔のお話会」のメンバーがいろりを囲みながら、方言を大切にした生の昔話を聞かせてくれます。
写真
また「工芸館」には5つの工房があり、作家による工芸品の製作過程を見学したり、陶芸や機織り、松江和紙てまりなど、作家の指導を受けながらの体験学習をすることも出来ます。
どれも本格的で味わいのある物が出来上がるので、じっくり時間をかけて楽しみたいですね。
写真
そして「自然の森」はコナラやアカマツ、ツツジなどが群生する美しい森。
散策コースをのんびり歩くのもいいですし、自然観察園では、様々な水生植物を観察することも出来ます。

土・日・祝日には食堂「かんべ茶屋」で打ちたての出雲そばを食べることが出来ます。
こちらも大変人気なんだそうですよ。

秋の紅葉もこれからピークを迎えるそうなので、景色を楽しみながらドライブに出かけてみませんか?






「交通アクセス」
出雲かんべの里へは中国自動車道を経由して山陰道松江バイパス松江東インターチェンジを下りて、およそ10分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.