週末プラスα

2009年

11月20日(金)
さて、島根県の出雲といえば、出雲大社など歴史深いイメージがあると思いますが、今度出雲にドライブに出かけるならば、科学が沢山詰まった施設に遊びに行ってみませんか?

今日ご紹介するのは、島根県出雲市にある「出雲科学館」。
出雲科学館は2002年にオープンした施設で、小さなお子さんからご年配の方まで幅広い世代の方が楽しめる科学館。そのため、建物の1階部分にほとんどの機能を集め、誰もが使いやすい作りになっているんです。

開放的な吹き抜けのある館内には、手で触れたり、動かしたりしながら科学に触れることのできる展示体験プラザやプラネタリウム、創作工房などが揃っています。

「展示体験プラザ」には、渦まく蒸気で竜巻の仕組みを学べる「竜巻発生装置」や鏡の枚数の違いでその変化を楽しむ大きな万華鏡など、およそ40種類の展示装置があり、「21世紀科学の先端情報コーナー」では、宇宙開発・生命科学・情報技術の3つの分野の最先端情報が映像で解説されています。映像はいろいろなタイトルが用意されているので、小さなお子さんが見られるものを選ぶことも出来ますよ。

また、出雲科学館は太陽光発電や風力発電、地熱を利用するクールチューブなど環境に配慮した装置もたくさん備えてあるので、これらの展示装置と合わせて見学されてみてはいかがでしょうか?

土・日・祝日には、科学実験や ものづくり教室、サイエンスショーなどが行われていてこれらは予約の必要もありませんし、更には無料で参加することが出来ます。

今度の休日は家族みんなで出雲科学館へ出かけてみませんか?

「交通アクセス」
出雲科学館へは中国自動車道を経由して山陰道斐川インターチェンジを下りて、およそ20分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.