週末プラスα

2010年

1月8日(金)

さて、昨年からETC休日特別割引が始まって、
ドライブをする時は以前よりも遠くへ出かける、という方も多いのではないでしょうか?
今度の休日には九州方面へお出かけの方は、
こんなドライブスポットに立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

写真 今日ご紹介するのは、山口県下関市にある、
本州の一番西に位置する水族館「海響館」です。
関門海峡のランドマークとして建設された海響館は平成13年4月にオープンした水族館で、およそ500種20000点の海の生き物たちに出会えます。

館内は大きく分けて3つのゾーンで構成されています。
まずは近海の魚たちに出会える「関門海峡潮流水槽」のコーナー。
こちらでは、総水量900tの大水槽の中をおよそ1万匹の魚が泳いでいます。
中でも360度ガラス張りの「海中トンネル」は、海の中を歩く気分でイワシの群れなどを見ることが出来ます。

写真 また、世界各地の魚が見られるコーナーでは、世界中の海を再現した水槽で、サンゴ礁やピラルクなど熱帯雨林に住む生き物まで見ることが出来ますよ。
そして、海響館が誇るのが「フグのコーナー」。
よく見かけるトラフグを始め、カラフルなフグや世界最小のフグなど、その数はおよそ100種類以上にもなり、世界一の展示数となっています。

その他にも全長23mというシロナガスクジラの全身骨格標本は世界でも数点しか存在しないもので、日本で見られるのは海響館だけ。
その大きさに恐竜の骨格標本と間違えるお子さんもいるそうですよ。

また、ショーではイルカとアシカが共演するアクアシアターやスナメリがバブルリングを出してくれるプレイングタイムなどが人気で、いずれも無料で見ることが出来ます。

3月からは新施設「ペンギン村」もお目見えするので、家族そろって海響館へ遊びに行ってみませんか?

「交通アクセス」
中国自動車道下関インターチェンジを下りて下関市街地方面へ。
およそ15分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.