週末プラスα

2010年

3月12日(金)

写真 さて、週末+αでは今までにも色んな動物園を紹介してきましたが、今日は今までとちょっと違った「より動物と身近に触れ合える」動物公園を紹介したいと思います。

それは、岡山県玉野市にある「渋川動物公園」。 ここは、平成元年3月にオープンした動物公園で、自然のままの園内を散歩しながら動物達とのふれあいを楽しむことが出来る公園なんです。

渋川動物公園では、およそ80種600頭羽の動物が来園者を待っています。 まず、入り口の案内所で出迎えてくれるのが、コモンマームセットという小さなおサルさん。手のひらに乗るくらいの小さなおサルさんなんです。 そこからすぐのところにあるのが「動物保育園」。こちらでは、ウサギやチャボ、アイガモなど小さな動物たちと触れ合えます。おとなしい動物ばかりなので、お子さんでも餌をやったり、抱いたりすることができますよ。

写真 園内を進んでいくと見えてくるのが大谷池。この池ではオシドリや白鳥、野生のカモなど300羽ほどの鳥を見ることが出来ます。この大谷池の上にかかっているのが、園長が一人で作ったというつり橋。このつり橋を渡れば池をぐるっと回ることなく、近道が出来るんです。その他にも、フェンスの代わりになっている160mの平均台など、楽しみながら園内をまわれる仕掛けが沢山あるので、是非家族で挑戦してみてくださいね。

写真 そして、渋川動物公園で人気なのが「犬のお散歩一日ペット」。 ビーグルやポメラニアンなど6種30頭のワンちゃんの中から1頭を選び、園内を一緒に散歩することが出来ます。 また、乗馬の体験をすることも出来るんですが、なんと!馬に乗ったまま園内をまわることも出来るそうですよ!

園内にある展望台からは穏やかな瀬戸内海と四国の高松も見渡せるそうですよ!
今度のお休みは、みんなで渋川動物公園に遊びに行ってみませんか?

「交通アクセス」
渋川動物公園へは山陽自動車道を経由して瀬戸中央自動車道児島インターチェンジを下りて、およそ15分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.