週末プラスα

2010年

4月9日(金)

4月になり、暖かい日も多くなってきました。春のドライブは、どこか気持ちのいいスポットにお出かけしたくなりますよね。
そこで、休日をのんびりと過ごせる場所を紹介しますよ。

今回ご紹介するのは岡山県の中南部に位置する赤磐市にある「農業公園ドイツの森・クローネンベルク」。平成7年に開園したドイツの森はドイツのヴァルハウゼン村と友好関係を築いた縁で誕生したテーマパークです。

園内は「街」「村」「牧」「花」「遊」のエリアからなり、それぞれでドイツの食文化・自然が体験できるようになっています。

まず「街」と「村」のエリアは、それぞれ中世のドイツの街並みや農村を再現した造りになっていて、お食事やお土産を買ったりすることが出来ます。

また「牧」のエリアは羊やヤギ、ミニブタなどの動物たちとふれあえるエリア。豊かな自然が残る野鳥の森では小鳥のさえずりを楽しむことも出来ます。

そして「花」のエリアはドイツの森の中心に広がる庭園になっていて、四季折々の花が咲いています。

更に「遊」のエリアは子供から大人までが楽しめるプレイランド=遊び場なんです。 ここではゴーカートや変形自転車、また全長32mの「芝すべり」を体験することが出来ますよ。

ドイツの森で、もうひとつ魅力的なのがドイツグルメ!ソーセージやチーズはもちろん、地ビールや焼きたてパン・石窯ピザなど日本にいながら本場ドイツの味を楽しむことが出来ます。また、体験教室も豊富で手作りのソーセージを作ることも出来るんです!

4月のオススメは羊の毛刈りショー。
1年で4月しか見られないイベントです。また、チューリップなどたくさんの花も見ごたえがあります。
ドイツの森は3月から11月まではお休みなしとなっています。ドイツの食・文化・自然を楽しむ、のどかな農園の休日を過ごしてみませんか? 写真

「交通アクセス」
ドイツの森クローネンベルクへは山陽自動車道山陽インターチェンジを下りて、 すぐ左折。およそ30分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.