週末プラスα

2010年

5月7日(金)
カヌーに乗って、新緑の自然の中を水上散歩!(島根)

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
あちこち行楽地へ出かけたよという方もいらっしゃれば、結局家でごろごろなんて方もいらっしゃるかも知れませんね。
5月は新緑の季節。ドライブに、スポーツにとアクティブに過ごしたいシーズンですよね。
そこで、今日はアクティブで、しかもエコなアウトドアスポーツを体験できる施設を紹介しちゃいます。

今回ご紹介するのは「カヌーの里おおち」。
島根県邑智郡(おおちぐん)美郷町(みさとちょう)の江の川(ごうのかわ)のほとりにあるこの施設は江の川で楽しむカヌー体験を中心としたアウトドア施設です。
敷地にはキャンプ場、オートキャンプ場も併設しており、キャンプやトレーラーハウスに宿泊しながら、カヌーを楽しめるのだそうです。

写真 「カヌーの里おおち」の売りはなんといっても「カヌー教室」。 およそ50艇の「カヤック」と呼ばれるタイプのカヌーを常備していて、1日に5回初心者向けの教室を開いています。 およそ1時間の指導である程度右に左にカヌーを操れるようになるそうですよ。

カヤックタイプだと小学校1年生くらいから一人で乗れますし、カナディアンタイプのカヌーには幼児や、ペットの犬まで乗せることができるとか。

「カヌーの里おおち」のスタッフ、梅木さんにカヌー教室についてと、カヌーの魅力についてお聞きしました。

  • 流れが緩やかで小さなお子さんから年配の人まで楽しめる。
  • 年間通してキャンプしながら楽しめる。(川を)道路から見るのと違って、自然の中に入ってゆったり時間を過ごせる。
教室でカヌーの基本を学んだ後は、オプションにはなりますが、江の川を下る半日ツアーに参加するのもオススメです。
また「カヌーの里おおち」は近くの三瓶山(さんべさん)や石見銀山の観光を楽しむための拠点としても便利な場所です。
写真

交通アクセスです。
「カヌーの里おおち」へは中国自動車道三次インターチェンジ、または浜田自動車道大朝インターチェンジから いずれもおよそ1時間での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.