週末プラスα

2010年

7月9日(金)
宇宙・天体観測ブーム!宇宙に近づける天体観測スポット(鳥取)

写真 突然ですが、皆さんは最近夜空を見上げたことありますか?
ちょうど夏の星座が良く見える季節になってきました。
夏の大三角形・・・学校で習いましたよね・・・。
日本人宇宙飛行士の活躍や、無人探査機「はやぶさ」の地球帰還のニュースで宇宙への興味が高まっている人も多いのではないでしょうか?
今日は、そんな人にぴったり。
宇宙を身近に感じられる天体観測スポットをご紹介します。

今回ご紹介するのは鳥取県鳥取市の佐治町にある「さじアストロパーク」。
ここは、日本でも有数の「公開天文台」なんです。
つまり、一般のわれわれも本格的な天体望遠鏡をのぞいて、星空を観察できるんです。

なんといっても圧巻なのは、中国地方最大級の「103センチ反射望遠鏡」。
もちろんこの望遠鏡も実際にのぞいてみることができます。
しかも天文台の入館料は大人300円!高校生以下と70歳以上は無料ということです。

別料金にはなりますが、その他プラネタリウムも併設していますし、休館日以外の毎晩、星を観察する「観望会」も開催しているんだそうです。

そして、天体観測にどっぷりはまりたいというあなたにオススメ。
「さじアストロパーク」には宿泊施設まであるんです!
望遠鏡付きのコテージまであって、その名も「星のコテージ」と呼ぶそうです。

詳しいお話を、「さじアストロパーク」の相本さんにお聞きしました。

  • 社会見学・親子会のお客さんが多い。
  • 巨大望遠鏡も売りだが、何より豊かな自然の中で美しい夜空を楽しんでもらえる。
天体観測ファンはもちろんですが、 「今日、星空を見に行かないか?」と誘ってロマンチックなデートに使うというのもいいかもしれませんね?
写真 写真

「交通アクセス」
「さじアストロパーク」へは中国自動車道 津山インターチェンジか院庄インターチェンジからいずれもおよそ60分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.