週末プラスα

2010年

8月13日(金)
歴史ある洋風建築の中でものづくり体験(島根)

写真 今週ご紹介するのは、島根県松江市にある「ものづくり体験」のできる施設です。
「カラコロ工房」、島根県の松江市にある「工芸」をテーマした体験型の施設で、古布(こふ)を使った小物を製作販売するお店や彫金の技術を使ったシルバーアクセサリーのお店など、特徴的なお店が14店舗入っています。
写真 まず、「カラコロ工房」の建物がすばらしいんです。
昭和13年に建てられた旧日本銀行の建物を増改築して利用していて、西欧古典様式の建物の外観とっても荘厳。そして館内の地下には、今も銀行時代のなごりで巨大な金庫が残っているんだそうです。

カラコロ工房がすごいのは建物だけではありません。
14の館内の店舗は、それぞれ雑貨などの販売はもちろんですが、それぞれ「体験教室」の開催にも力を入れていて、「陶器の絵付け」「勾玉作り」「ステンドグラス作り」などなどいろんな種類の体験ができるんです。

私が気になったのは「松江の和菓子作り体験」和菓子どころ松江らしい体験ですがどんな内容なのでしょうか?
詳しいお話を、「カラコロ工房」事務局の渡部真樹子さんにお聞きしました。

  • 老舗和菓子職人の手ほどきで、2種類の和菓子を作る。「若草」お土産つき。
  • 館内の喫茶で抹茶を飲みながら自作の和菓子を食べることも。
  • 勾玉作り体験なども実施している。家族連れでぜひおいでください。

自分で作った和菓子。味も格別でしょうね。
夏休みにちょうど親子で一緒に体験というのも、いいかもしれませんね。

写真

「交通アクセス」
カラコロ工房は山陰自動車道 松江玉造インターチェンジからおよそ15分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.