週末プラスα

2010年

10月15日(金)
全長255メートルの滑り台?!家族でアスレチックを楽しもう!(山口)

秋の行楽シーズン、家族みんなで楽しめるアスレチックはいかがですか?
今回ご紹介するのは、山口県にある「和木町蜂ヶ峯総合公園」です。周囲を豊かな自然に囲まれている「蜂ヶ峯総合公園」は、アスレチック施設がたくさん! なんと全長255メートルの滑り台があるとか…。
詳しいお話を、蜂ヶ峯総合公園の岡崎さんにお聞きしました。

写真

  • 一番人気は全長255メートルのローラー滑り台
  • 園内を一周するミニSLも人気

255メートルの滑り台って、想像がつきませんよね・・
でもすごく気持ちよさそうです。 ミニSLでゆっくり公園内をまわるのも、のんびりしていいですね。 また、実物大の恐竜が、滑り台になっていたり、目が光ったり、鳴き声をあげたりする「恐竜の森」も、お子様に大人気なんだとか。

瀬戸内海を一望できる観覧車もあって、家族みんなで楽しめるそうですよ。
そして!アスレチックだけでなく、動物とも触れ合えるそうなんです!
引き続き、詳しいお話を岡崎さんにお聞きしました。

  • ニホンザルやインド孔雀などがいる「ふれあい広場」。
    休日のポニー乗馬も人気。
  • バラ園では、140品種・3500本の、秋のバラが見ごろに。

写真 アスレチックで楽しんだ後は、かわいい動物と触れ合うのもいいですね。
バラ園でも、3500本のバラが咲き誇ると、それは壮観な風景だそうですよ。
また、春には桜や梅の咲く場所もあるそうですから、季節ごとの花も楽しめそうですね。
アスレチック・動物、そして花。
また、デイキャンプやバーベキューも出来るそうですから、 いろんな楽しみ方ができますよね。

秋の行楽シーズンに、家族やお友達と一緒に、遠足気分で 楽しんでみてはいかがでしょうか?

写真

「交通アクセス」
「和木町蜂ヶ峯総合公園」へは、山陽自動車道 大竹インターチェンジから20分。岩国インターチェンジからも20分ほどでの到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.