週末プラスα

2011年

3月18日(金)
春の山口ドライブスペシャル・萩しーまーとで「萩」を味わおう

イメージ2週にわたってお送りしている「春の山口ドライブスペシャル」。
前回は惺々庵(せいせいあん)で美味しいお茶を頂いてきました。
今回は、新鮮な地元の食材が楽しめる道の駅、「萩しーまーと」に行ってきましたよ。
市場のような活気のなか、たくさんのお店がありました。
さてさて、今はどんな魚が旬なんでしょう?ちょっと聞いてみました。

  • 旬は「真ふぐ」。全国に発送していて、値段はトラフグの3分の1ほど。
  • 刺身や鍋、から揚げで食べるのがオススメ。

今の旬は「真ふぐ」。萩市が全国トップシェアを誇る、すべて天然モノの、しーまーとでも大人気の商品なんですよ。
集まる水産物はどれも新鮮なものばかり。種類も豊富で、1年で250種類以上を取り扱っています。季節ごとに扱う魚もガラっと変わるので、どの季節に来ても楽しむことができますよ。さらに先へ進むと、野菜や果物のコーナーもありました。

  • オススメは、ブンタン・はっさく・あまなつ、などのかんきつ類
  • 魚が主体の店だが、萩には野菜や果物にも、美味しいものがたくさんある

「しーまーと」というと水産物をイメージしがちですが、美味しい野菜や果物、他にもお肉や漬物など、萩を中心とした地元産の食材がたくさんありました。
さて、たくさんの食材を扱っている萩しーまーとなんですが、とても珍しい魚を取り扱っているそうなんです。詳しいお話を、駅長の中澤(なかさわ)さかなさんにお聞きしました。

  • フランス料理で使われる高級白身魚「ルージュ」が、昔から水揚げされている
  • 帝国ホテルのメインフレンチとして、漁協から出荷している
  • 萩は食の宝庫。「道の駅」の基本的な機能はもちろん、萩にある食材をブランド化し、全国へ発信するチャレンジをするのが、私たちの役目だと思う。

イメージ 駅長の中澤さんは今後も、この「金太郎」だけでなく、萩の食文化を全国へ発信するために、いろんなチャレンジをしていくとおっしゃっていました。
地元にこだわり、地元の食文化を全国へ発信するために、いろんなチャレンジをする、萩しーまーと。ここへ来れば、萩の新たな魅力をたくさん知ることができますよ。

さて、「春の山口 ドライブスペシャル」来週はいよいよ最終回!
旅に寄り道はつきもの、ということで、帰り道に立ち寄った、ちょっと変わった施設のあるサービスエリアをご紹介します。お楽しみに!




-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.