週末プラスα

2011年

4月22日(金)
瀬戸内海を眺めながら手作り体験(広島)
写真

今週ご紹介するのは、広島県尾道市瀬戸田町にある、「シトラスパーク瀬戸田」です。
尾道市瀬戸田町は瀬戸内海のほぼ中央に位置する島で、レモンなどの柑橘類の栽培が盛んな地域です。世界の柑橘類およそ500品種を収集展示した「シトラスパーク瀬戸田」は、柑橘類の魅力を楽しめる、入園無料の柑橘公園なんですよ。そしてここでは、ちいさな子供でもしっかり楽しめる体験ができるんだとか。
詳しいお話を、シトラスパーク瀬戸田の久松(ひさまつ)さんにお聞きしました。

  • 天然素材の石鹸基材に、ハーブのエキスとハニーを加えて作る「ハーブ石鹸」が楽しめる。地元のサークル「ハーブポケット」に指導を受けながらなので、小さな子供も安心して遊べる。

写真 ハーブ石鹸作りは小さなお子さんにもすごく楽しんでもらそうですよね。
他にも、時期や季節によって、みかん狩りなど、柑橘類と触れあえるイベントが盛りだくさんなんですよ。
さらに、柑橘類の香りを中心とした展示施設、「香りの館」や、お子さんも大喜びのアスレチックが揃ったウッディジムなど、家族みんなが楽しめるような施設もそろっているんですね。
ひきつづき久松さんに、シトラスパークの魅力についてお話を伺いました。

  • 尾道市瀬戸田町には、シトラスパークのほかにも、耕三寺博物館や平山郁夫美術館、サンセットビーチなど、観光スポットがいっぱい。
  • 5月中旬には、一斉に柑橘類の花が咲く季節になる。
  • しまなみ海道でのドライブはもちろん、橋を渡るサイクリングなど、いろんな島の魅力を味わってほしい。

瀬戸内海の美しい島々と、さわやかな柑橘類の香り…。
全国有数の柑橘類の産地、瀬戸田町の魅力がいっぱい詰まった「シトラスパーク瀬戸田」で、のんびりとした休日を過ごすのもいいかもしれませんね。

「交通アクセス」
シトラスパーク瀬戸田」へは、山陽自動車道・福山西インターチェンジを経由して 西瀬戸自動車道(しまなみ海道)・生口島北(いくちじまきた)インターチェンジから およそ10分での到着です。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.