NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2011年

6月10日(金)

江波気象館でお天気博士になろう!!(広島)

6月に入って雨が多くなってきましたね。
天気が気になるこの季節、ご家族やお友達とお天気の勉強、なんていかがですか?
今週ご紹介するのは、広島県広島市にある「広島市江波山気象館」です。
広島市内を一望できる、江波山公園内にある江波山気象館は、全国的にも珍しい、お天気をテーマにした博物館なんです。洋館のようなモダンな造りがオシャレですよ。
もともと気象台として昭和9年に建設されましたが、昭和62年に気象台が移転し、現在は、お天気や、お天気に関する身近な科学について学べる施設になっています。
なんでもお天気に関連した、不思議な体験ができるそうなんですが…
詳しいお話を、学芸員の國宗治子(くにむね・はるこ)さんにお聞きしました。

  • 人工の雲を発生させて、雲の中に入れる「タイフーンボックス」
  • 他にも風速20メートルを体験できるコーナーなどがある。

雲の中、入ってみたいなぁ。人工で発生させた雲に足元から包まれると、なんだか不思議な感覚になりそうですね~。本当に雲で包まれるので、子供たちに大人気なんだとか。
江波山気象館には、このような気象体験コーナーがあり、このほかにも、20メートルまでの様々な風速が体験できる突風カプセルや、落雷実験を観察できる「フランクリンの実験室」などがあります。
大人も子供も一緒になって楽しめる体験なんですね~。
最後に、國宗さんにひとことPRをお願いしました。

  • 「お天気」というと、ちょっと難しそう…というイメージを持たれがち。ここでの気象体験で身近に感じてほしい。
  • ぜひ森本さんも雲に乗ってみませんか?

体験の他にも、展示資料はもちろん、休日にはサイエンスショーやワークショップなども開催されていて、楽しく天気や科学が勉強できそうですよね。
江波山公園自体も眺めがよく、近くに遊具などもあるので、一日ゆっくり楽しめそうですね。

「交通アクセス」
広島市江波山気象館」は山陽自動車道、広島インターチェンジから、国道54号線を江波方面へおよそ35分での到着です。