NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2011年

11月25日(金)

秋の宮島ドライブスペシャル!その(4)

秋の宮島ドライブスペシャルと題してお送りしている今月のドライブエスコート。
杓子の家でオリジナルしゃもじをつくったり、リニューアルした宮島水族館でスナメリを見たりしてきましたが、いよいよ今回が最終回!
ご紹介するのは、今月1日にオープンしたハイウェイホテル、「ファミリーロッジ旅籠屋 宮島SA店」です!
宮島サービスエリア上り線の敷地内にあるホテルで、高速道路を降りることなく宿泊ができる施設なんですよ。自動車を使った旅行などに便利そうですよね~。
白い外壁で、ちょっとアメリカのモーテルのような感じのするオシャレな建物なんですよ。2階建てで部屋の数は14室なんだとか。さっそく中に入ってみました!!
お話を伺ったのは、ネクスコ西日本事業開発室の木下純一(きのした・じゅんいち)さんです。

  • 25平米の広い部屋
  • クイーンサイズのベッドも2つ用意。家族4人で宿泊できる

とにかく部屋の広さにびっくりしました!クイーンサイズのベッドが二台あって、家族での宿泊にもばっちり!廊下から部屋までの段差があまりなく、また、車イスにも対応した部屋があるそうですよ。お風呂も広くて、旅の疲れがしっかり癒せます。
また、レギュラーシーズンだと、4名一室(ここ強調)で10500円という値段も嬉しいですよね。また、どの部屋にもデスクがあり、インターネット接続も無料でできるので、ビジネスでの利用にも便利な部屋になっていますよ。さて、どうしてこういったホテルができたのでしょうか?引き続き、木下さんにお聞きしました。

  • 高速道路を使う方々の安全運転のため。九州・関西に行く際の中継点として。
  • また、スマートICが設置され、さらに立地的にも広島JCTや大野ICなどと近いことから、観光や長距離ドライブの拠点として利用できるとことから。
  • 中国地方では、壇ノ浦について2店舗目のハイウェイホテルとなる。

今回のドライブスペシャルのような、宮島観光の際の拠点に、というのはもちろん、関西や九州方面に行かれる方の拠点にもなる場所なんですね~。
高速道路を降りずに泊まれるという便利さはもちろん、清潔感もあって、旅の疲れを癒すにはピッタリのホテルですね~。
もちろん、宮島SA上り線のレストランやスナックコーナーなどの施設も利用できますので、そちらもしっかり楽しんでもらいたいですね。

さて、4週にわたってお送りしてきました「秋の宮島ドライブスペシャル」如何だったでしょうか?今回ご紹介できなかったオススメスポットもまだまだたくさんありますから、みなさんもドライブしながら見つけてみてくださいね!