NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2012年

4月20日(金)

世界初!鳥取砂丘 砂の美術館誕生(鳥取)

各地で注目のスポットが誕生していますが、世界初の美術館を紹介します。
砂で作った像を常設展示する世界初の「鳥取砂丘 砂の美術館」が4月14日、鳥取市の鳥取砂丘にオープンしました。

「砂の美術館」は、鳥取砂丘の一角に建設され、砂の像を展示する常設の施設としては世界で初めてだということです。
これまで開催した仮設テントの会場に比べて、展示スペースが約2倍の1600平方メートルの拡大し、2階部分には吹き抜けの展示スペースに張り出したバルコニーが設けられ、会場全体を見渡すこともできます。

仮設のテント時代から、「日本にいながら世界旅行をした気分に」、というコンセプトで展示してきた砂の美術館。
世界初となったオープニング展示のテーマは、ロンドンオリンピックにちなんで「砂で世界旅行・イギリス」とのこと。

鳥取砂丘の入り口にある、風紋の意匠を取り入れた建物に、イギリスの歴史的建造物や、シェイクスピア、ニュートンなど、イギリス史上に名を残す偉大な人物を題材とした16作品が展示されています。

砂と水だけで作られた砂像は、いつかは崩れてしまうもの。
その儚さと、砂とは思えない完成度を併せ持った、砂像の魅力をご覧になってみては、いかがでしょうか。

「砂で世界旅行・イギリス」は来年1月6日までで、期間中無休。 開館時間は午前9時~午後8時。入館料600円、小中高生300円となっています。

アクセス:中国自動車道佐用ジャンクションより約90分で到着です。