NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2012年

8月10日(金)

暑い夏をちょっぴり忘れにハーブガーデンに出かけよう!(広島)

夏本番で暑い日が続いていますが、こんな時はちょっと暑さを忘れられる、そんな場所にでかけてみませんか?

今日、ご紹介するのは広島県山県郡北広島町大朝にある「天意(あい)の里ハーブ ガーデン」。平成6年6月6日にオープンしたこのスポットですが、どんな所なのか、 さっそく天意の里ハーブガーデンの山根由実子さんに聞いてみました。

  • 広島県北部にありまして、およそ4万平方メートルの敷地にはたくさんのハーブを植えています。そのハーブを見て楽しんだり、美味しい食事をして楽しんでいただけます。

天意の里ハーブガーデンにはおよそ150種類ものハーブが植えられていて、季節に沿ったハーブを楽しむ事が出来ます。最も力を入れているのがジャーマンカモミール。
こちらは6月下旬が最盛期でしたが、ドライハーブにした今年のものをまだ味わう事が出来ます。そして今、楽しめるのはミントやセージの花。爽やかな香りに包まれたら夏の暑さも、しばし忘れてしまいそうですよね。
・・・暑さを忘れると言えば!今の時期は冷房が効いたクラフト教室を楽しむ、というのもオススメ。こちらではハーブを使った石鹸作りやドライハーブを使ったリース作りを体験することが出来ます。
お腹が空いたという人は、ハーブを使ったお食事はいかがでしょうか?
こちらで育てたハーブや野菜を使った、その名も「ハーブランチ」が一番人気でメインのお肉料理にもふんだんにハーブが使われているそうですよ。
更に、オリジナルのうどん、「大麻(おおあさ)うどん」は麻の実を練りこんだもので、こちらも人気です。
そして!一番のオススメドリンクを山根さんに教えてもらいました。

  • オススメはハーブティですね。3種のハーブをブレンドしたもので、レモングラス、レモンバーム ミントを使っています。すっきりとしたレモンの香りで爽やかになれると思いますよ。

ドライハーブを使ったハーブティは、お土産として買って帰ることも出来ますし、 乾麺にした「おおあさうどん」やハーブを練りこんだクッキー、そしてハーブのお塩も とても人気なんだそうですよ。また、「これからの時期は花より団子!」ということで、 9月下旬には栗拾い、10月下旬には、なんと!大根抜きも体験できるそうです。豊かな自然の中で、しばし夏の暑さを忘れにお出かけになってみてはいかがでしょうか?

アクセス:浜田自動車道大朝インターチェンジを下りて、およそ10分ほどで到着です。