NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2012年

9月21日(金)

日本唯一の梨のテーマパーク「なしっこ館」へ行こう!(鳥取)

9月も下旬に入り、秋の味覚もいろいろと登場してきました。その中でも秋の果物と言えば「梨が好き!」と言われる方も多いのではないでしょうか?今日はそんな人に オススメのスポットを紹介します。

そのドライブスポットとは鳥取県倉吉市にある「鳥取二十世紀梨記念館」。
こちらは愛称を「なしっこ館」と言って、平成13年にオープンしました。
さて、どんな施設なんでしょうか。鳥取二十世紀梨記念館の高橋宏さんに教えてもらいました。

  • 人と梨が育む文化をテーマに二十世紀梨の歴史などを子供でも楽しく学べるように紹介している施設です。

梨をテーマにしている施設というのは日本で唯一と言ってもいいくらい珍しいですよね。 では、ここではどんな事が楽しめるのでしょうか。
まず、館内に入って最初に目に飛び込むのが、枝の広がりが20mにもなる二十世紀梨の巨木。見上げるほどに大きいこの木は、二十世紀梨記念館のシンボルにもなっています。その巨木を囲むように1階には常設展示コーナーが配置されていて、こちらでは梨の栽培技術を学んだり、70種類にもなる世界の梨や日本の梨のレプリカを見ることが出来、「ものがたり劇場」では、二十世紀梨が名産になるまでの苦労や努力がどんなものであったのかを、ロボットと映像で紹介してくれます。

そして2階にある「不思議ガーデン」は人間が小さくなってナシ畑を体験するようなイメージで楽しみながら学べるコーナー。こちらでは梨クイズやミニシアターなども あり、子供たちにも人気!更に屋外にある梨ガーデンでは「おさゴールド」など、いろいろな品種が鉢植えで展示されていて、季節によっての変化が楽しめるようになっています。

併設されているフルーツパーラーでは、フルーツにこだわったメニューが揃っていて、中でも人気なのが梨ソフトクリーム!ミュージアムショップでも一年中、梨を買うことが出来ますよ。この秋まだ梨を食べていない!という方はお早めにお出かけください!

【場所】「鳥取二十世紀梨記念館」
米子自動車道蒜山インターチェンジを下りて、倉吉市方面へ。およそ50分。