NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2013年

1月4日(金)

バラと鯛網漁の街・福山の魅力を存分に味わおう!福山SA下り線(広島)

今回取り上げるのは、山陽自動車道福山サービスエリア下り線。岡山方面から走ってくると、広島県に入って一番目にあるサービスエリアです。このサービスエリア、私も行った事があるんですが屋根瓦が敷かれている、いかにも和風な造りになっている建物が特徴的なんです。これは福山といえば鞆の浦が有名なので鞆の浦の町屋をイメージしているからなんですね。

そしてもう一つの特徴は、福山はバラの街でもあるということで、レストランのすぐ隣におよそ1000株が植わるバラ園があるんです!
毎年5月から8月にかけて見頃になり、たくさんのお客さんが運転で疲れた体を癒しに、こちらを訪れます。
さて、ここで福山サービスエリア下り線で楽しめるグルメについて、支配人の安井洋平さんに教えてもらいました。

  • 福山は鯛でも有名なので、鯛のメニューを充実させています。

レストランの内容が充実するのは、とっても嬉しいですよね!またサービスエリアを訪れる楽しみがひとつ増えちゃいました!
それから気になるお土産なんですが、広島に入ってすぐのサービスエリアという事で広島なんだけれども意外と吉備団子やモモを使ったものなど岡山県のお土産もよく売れるんだそうです。岡山に旅行に行ったのにお土産を買い忘れた!という時に便利かもしれませんね。その他、バラを使った羊羹やジャム、そして尾道のはっさく大福なんかも人気だそうですよ。
ここで支配人の安井さんに、福山サービスエリア下り線の新しく出来た魅力について聞いてみました。

  • 昨年12月7日からイベントコーナーで「びんご屋台村」をオープンしました。こちらでは、たこ焼きやおにぎりの他、鉄板で焼くお好み焼を食べていただけます。

このたこ焼きやお好み焼は、持ち帰る事も出来るのでお土産にもピッタリです!
レストランでのグルメやお土産がどんどん充実しているサービスエリアを今年もたくさん利用しちゃいましょう!

【交通アクセス】
「福山サービスエリア下り線」は山陽自動車道、福山東インターチェンジと、福山西インターチェンジの間にあります!
ガソリンスタンドは24時間営業なのでガソリンチェックもお忘れなく!