NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2013年

7月5日(金)

Drive.Escort ~夏のドライブスペシャル~ 「島根・松江 編」

さて、今回の旅は島根県松江方面へドライブしたいと思います。何と言ってもこの春、中国横断自動車道尾道松江線が開通したということで、お出かけがグッと便利になりましたよね。そこで、今回は沿線のおでかけスポットを紹介していきますよ。

私が向かったのは広島県庄原市高野町にある道の駅たかの。こちらも4月にオープンして以来、人気の施設です。早速、観光コンシェルジュの壇上理恵さんに、どんな所なのか教えてもらいました。

●9時オープンなのに直後から賑わっている!GWあけに60年に一度の出雲大社の遷宮行事があったこともあり、ずっと賑わっている。道の駅たかのの建物は庄原市内の木材を使った 木造建築。1階平屋建てになっていて、冬は豪雪で2m近くなるが、雪をあえて屋根に 積んで、こんなに降るんだよということを見ていただくことをコンセプトにしています。

道の駅たかのは新しいということもあって、とってもキレイ!外観にも木がふんだんに使われていて「りんご」をイメージした曲線が描かれています。さて、道の駅ということで取り扱っている商品も気になるんですが、今の時期にオススメの商品について教えてもらいました。

●やはりトマト。なす、ピーマン、ししとう、スイートコーンなどの夏野菜がどんどん出てきます。 その他に、地元の産品りんごやほうれん草、そばを使ったお菓子。惣菜ではジャンボいなりや、素材そのままの塩むすびなど。ジャンボいなりは通常の4個分くらいのいなりで、いつも出したら出しただけ売れていって、ご迷惑をおかけしてます。。。

このジャンボいなり、本当に大きくて満足の美味しさ。こういった惣菜やお菓子は施設の中で作られているので、作りたての味を楽しむことが出来るんです。この他にも本当にたくさんの特産品が売られているんですが、高野町は標高が高く寒暖差もあることから美味しい野菜やお米が取れるということで、これを求めてやってきても絶対に損はない!という商品ばかりが並んでいます。それから店員のみなさんの元気と笑顔も嬉しいポイントのひとつ!

そして道の駅たかのに来たなら絶対に体験しておきたい施設があります。それは庄原の雪を生かしたユニークな自然の冷蔵庫、雪室(ゆきむろ)。
さっそく中に入ってみました。

●それでは中に入ってみましょう。あ、涼しい。いやちょっと寒いかも!今、1.9度の湿度が95%あります。この雪は今年の2月のもの。ここで冷やしているりんごジュースや日本酒は直売所でも販売しています。

この雪室の中では1年を通して雪が見られるんですが、今までは厄介者だった雪を逆に地域資源にしていこうという取り組みなんですね。これから迎える暑い季節にはヒンヤリした雪室を体験してみる、というのもいいかもしれませんね。最後に壇上さんにメッセージをいただきました。

●高野町は四季折々いい所です。庄原市内の野菜果物お米も本当に美味しいですし、 是非いらしてほしいです。お待ちしています!

それでは交通アクセスです。道の駅たかのは中国横断自動車道尾道松江線の高野インターチェンジに隣接した場所にあります。