NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2013年

8月23日(金)

今年で42周年!中国地方でも歴史あるレジャースポットへ!(岡山)

毎日暑い日が続いていますが、お子さんたちは、この夏休み思いっきり遊ばれているのではないでしょうか?まだ遊び足りない、そんな皆さんにたっぷり楽しんでいただけるレジャースポットを紹介しますよ!

今週取り上げるのは、岡山県にある「ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド」。
中国地方ではもうおなじみの遊園地ですよね?さっそく鷲羽山ハイランドの菊井康隆さんにどんな所なのか教えてもらいました。

●瀬戸内海を一望できる遊園地。たくさんのアトラクションとブラジリアンサウンドを楽しんでいただけます。今年で42周年を迎えます。

瀬戸大橋も見渡せる絶景のロケーションにある鷲羽山ハイランドですが、こちらでは「ウルトラツイスター」や「バックナンジャー」、「フリーフォール」といった絶叫マシンがたくさん揃っていて、県外からのお客さんもとても多いそうです。
なかでも人気なのは、ビル4階分の高さを走り抜けるスリル満点の「スカイサイクル」。こちらは、海に飛び出してしまいそうなコースが人気で、一度体験すると、やみつきになってしまいそうです。そして、代表格といってもいいアトラクションが地上30m、海抜では170mの高さから飛び降りる「バンジージャンプ」。鷲羽山ハイランドが瀬戸内海を望む山の上に位置しているので、普段より高く感じてしまうんですよね。
過去には9歳の子供も体験したことがあるというこのバンジージャンプですが、どうしても飛び降りる自信はないけど上からの景色は見てみたい・・・という人にはジャンプ台まで上がって景色を眺める「展望ツアー」というアトラクションもあるそうですよ。
そして暑い夏、レジャースポットに欠かせないものといえば、プール!ですが、鷲羽山ハイランドでも9月23日までエキサイティングプールがオープンしています。こちらでは通常のプールのほか、全長100mのスパイラルスライダーや、水着のまま楽しめるバンジートランポリン、そして丸い球体の中に入って水面を歩く「ウォーターウォーク」などが人気です。
更に、今、夏らしいイベントが行われているということで、引き続き菊井さんに教えてもらいました。

●9月1日までウォーターカーニバルを開催中。ブラジリアンチームとウォーターガンを撃ち合って楽しむイベントです。夏の最後の思い出に是非!

もちろん鷲羽山ハイランドと言えばのサンバショーやビンゴゲームも定期的に開催されていますよ。
そして飲み物で人気なのが、果実そのままを使った「ヤシの実ジュース」。
これも夏の気分が高まりそうでいいですよね。夏休み最後の思い出に、鷲羽山ハイランドをご家族で楽しまれてみてはいかがでしょうか?

では交通アクセスです。
「鷲羽山ハイランド」へは、瀬戸中央自動車道児島インターチェンジから、国道430号線を使っておよそ5分での到着です。
およそ1000台の無料駐車場も用意されていますよ!