NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2013年

11月22日(金)

Drive.Escort ~秋のドライブスペシャル~ 「広島・福山 編」

さて、今回の旅は広島県福山市方面へドライブしていますが、福山といえば有名な観光スポットが「鞆の浦」ですよね?潮待ちの港として江戸時代に栄えた街で、その街並みが今も残る地域なんですが、今日はこの鞆の浦で愛されるひとつのお店へ向かいます。

そのお店とは鞆の浦にある「村上製パン所」。鞆湾の西側、細い通りに店を構えるパン屋さんなんですが、鞆の浦ではここだけ、というパン屋さんなんです。
さっそくどんなお店か、村上製パン所の岡田多佳恵さんに聞いてみました。

●レトロというか本当に昔からのパン屋さんという感じですね。パンを始めたのは戦後すぐなので、もう60年以上。例えばどんなパンが?→人気なのはアブラパン。他ではあげパンとも。
他にもバターロールやカステラパン。アンパンが多いですね。→そうですね。つぶあん・しろあん・うぐいすあん・緑茶あん。宮崎駿監督が鞆に滞在していたときは必ず小倉アンパンを2個毎日買って行かれました。

そうなんです!あの宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」を制作するときに足繁く通っていたというのが、このお店なんですね。岡田さんが家族と一緒に毎日作るパンが店先のショーケースに並んでいるんですけど、どれも懐かしさがありながら安心するラインナップなんですよね~。

現在はお父さんお母さんとともにお店を支える岡田さんですが、どんな思いがあったんでしょうか?そして!自慢のパンも食べさせてもらいましたよ!

●最初はパン屋になるの嫌だったんだけど、ある時友達が「やっぱり村上のパンて変わらないし美味しいよね」と言って、私が継がねばと思い今やらせてもらってます。私も一つ食べてみたいんですけど・・・駿監督も愛したというアンパンを。レトロなパッケージ。いただきます。
ん!生地も美味しい!素朴ですよね?→ほんとによく言われます!

今では地元の小学校の給食としても愛される村上のパンなんですが、代々受け継がれてきたその味は、1回食べたら絶対ファンになりますよ!

さて、ご存知の通りその景色とゆったりとした時間が流れる鞆の浦なんですが、そこに住んでいる人から見るとどんな街なんでしょうか?岡田さんに聞いてみました。

●住んでるとどんな町?→地域皆が仲がいい。声を掛け合いながら皆で支えている人情深い町。子供も地域で見守ってくれるのが鞆のいい所。地元がクローズアップされるのはどんな感じ?→すごくワクワクするしうれしいし、世界の人に鞆の浦を見てほしいし人とも触れ合ってほしい。そんな町。

慌ただしい毎日を過ごしていると、ふと帰りたくなるそんな気持ちにさせてくれる鞆の浦ですが、その度に立ち寄りたくなるお店、村上製パン所をご紹介しました。皆さんも鞆の浦に行かれた際は是非、立ち寄ってみてくださいね。

それでは交通アクセスです。
村上製パン所がある鞆の浦へは山陽自動車道福山西インターチェンジ、福山東インターチェンジどちらからもおよそ45分での到着です。
鞆の浦は道が狭いので、初めての方は徒歩での散策もオススメですよ!

ということで、秋のドライブスペシャル、今日は鞆の浦にある村上製パン所をご紹介しました。