NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2014年

1月3日(金)

星降る街として有名な下松サービスエリア上り線へ!(山口)

さて、お正月休みに帰省されている方も多いと思いますが、長いドライブにはしっかりとした休憩も必要です。毎月最初の金曜日は中国地方のサービスエリア、パーキングエリアの最新情報をお届けしています。今日の情報も参考にしてくださいね。
今週取り上げるのは山陽自動車道下松サービスエリア上り線。まずはどんな所にあるのか、下松サービスエリア上り線 支配人の土井聡史さんに、教えてもらいました。

●下松サービスエリア上り線は山口県の中では広島方面で最後のサービスエリアで山口県では東側に位置しています。

このサービスエリアのある山口県下松市は、およそ1300年前、松の木の上に大きな星が降りて7日7晩の間、目も眩むばかりに光り輝いたという伝説があり、「星の降る街」としても有名です。
そんな伝説から下松サービスエリアには遊歩道に星座のモニュメントがあって、上下線を合わせて12星座を見つけながら散策を楽しむことが出来るようになっています。
また、こちらのレストラン「旬鮮美味」では下関の唐戸市場から直送されてくる新鮮な魚をレストランで食べることが出来るんですが、2ヶ月に1度くらいのペースで開催される「海鮮バイキング」が人気のイベントになっています。なんと時間無制限で楽しめるこのバイキングでは、「刺身の盛り合わせ」や「カルパッチョ」、「ちらし寿司」に「あら汁」など、25種類程度のメニューを食べることが出来ます。デザートも充実しているということで、女性の方にも人気なんだそうですよ!ちなみに次の海鮮バイキングは3月に開催される予定です。この他に、下松サービスエリア上り線で今イチオシのメニューがあるということで、引き続き土井支配人に聞いてみました。

●レストランで「長州晋作御膳」というものがあります。西イチグルメ決定戦で準グランプリに選ばれました。こちらは高杉晋作が好んだと言われる鯛の長州鮨をイメージした鯛の押し寿司や天ぷら、冷製茶碗蒸しなどがセットになっています。

この他にもレストランでは10種類の新鮮な魚介類を使った唐戸海鮮丼が人気のメニューで、フードコートでは、太い麺を使った皿うどんのようなメニュー「ばりふとそば」がよく出ているそうですよ!美味しいものがいっぱいで、どれを食べようか迷ってしまいそうですね。
そしてお土産では、やはり定番もの「ういろう」を買われる方が多いそうですし、最近では酸味と甘味が絶妙な「夏みかんのベイクドチーズケーキ」も人気があるそうです。
山口方面へドライブでおでかけの方は、下松サービスエリア上り線でひと休みしてみませんか?

では交通アクセスです。
「下松サービスエリア上り線」は山陽自動車道、徳山東インターチェンジと、熊毛インターチェンジの間にあります!