NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2014年

2月7日(金)

オリジナルのグルメやお土産が楽しめるサービスエリアへ!高梁SA下り線(岡山)

さて、ドライブに出かけていると休憩する場所って大事ですよね?高速道路を走っていると次のサービスエリアには、どんなものがあるのか楽しみになったりしますが、毎月最初の金曜日は中国地方のサービスエリア、パーキングエリアの最新情報をお届けしています。是非今日の情報も役立ててくださいね。

今週取り上げるのは、岡山自動車道高梁(たかはし)サービスエリア下り線。岡山自動車道は 山陽自動車道と中国自動車道を繋ぐ高速道路なので、利用される方も多いと思います。 高梁サービスエリアは、この岡山自動車道で唯一のサービスエリアなんですが、どんな特徴を もっているのか、さっそく高梁サービスエリア下り線・店長の梶原廣高さんに聞いてみました。

高梁サービスエリア下り線は高いところにあって、天気のいい日には夕日や雲海が見れるエリアになっています。 それを目的に朝早くから来られるお客さんもいます。

ここは標高が380mほどあるということなので、休憩の時には雄大な景色が目の保養にもなるかもしれませんね。そんな高梁サービスエリアを訪れたら是非楽しんでほしいのが「お買い物」です。
なんといってもここでしか買えないお土産がたくさんあるんですよね。ということで、いくつか紹介していきましょう。まず、おみやげで人気なのが3つの団子が串にささった「温故心(まごころ)だんご」。
種類は、きなこ、みたらし、三色、さくら、よもぎ、あんこの6種類があって、次々と売れていくんだそうです。その他にも、岡山の銘菓、「高瀬舟ようかん」や、米粉を使った「もちもちもちっフル」なんかもオススメ!洋風のお菓子では、ハチミツを使った一口サイズの「プレミアムハニーワッフルラスク」がコーヒーのお供に最適です。ここで、高梁サービスエリアでのお食事のオススメについて梶原店長に教えてもらいました。

高梁サービスエリアでは、今オススメのメニューは「ナスの味噌炒り丼と煮ザエ」というメニューが人気です。
本来いりこを使う所を豚肉を使用しアレンジして、付け合せに郷土料理、煮ザエをつけています。

煮ザエ、というのは大根・人参・あげを醤油と砂糖で煮たもので高梁市の郷土料理なんですって。
現在、こう言ったグルメを食べ歩いて豪華な商品を当てる「西イチグルメラリー」も開催されていますし、高梁市内の指定の宿泊施設に泊まると岡山県内のサービスエリアなどで使えるお得な500円分のチケットがもらえる「遊悠(ゆうゆう)たかはしキャンペーン」も行われているのでこちらもチャレンジしてみてくださいね。あさって2月9日日曜日には毎月恒例の高梁市主催のイベントも開かれるそうですよ!お出かけの際には、是非高梁サービスエリア下り線を利用してみてくださいね!

交通アクセスです。
「高梁サービスエリア下り線」は岡山自動車道、賀陽(かよう)インターチェンジと、有漢(うかん)インターチェンジの間にあります。なんと!こちらには電気自動車用のスタンドも 設置してあるそうですよ!休憩の際はチェックをお忘れなく。