NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2014年

2月14日(金)

建物も必見!ちょっと変わったお菓子の城に出かけよう!(鳥取)

image さて、今日はバレンタインデーですが皆さんはチョコレート、もらいましたか?
そのお返しにドライブで「お菓子の城」に出かける、というのはいかがでしょうか?


今日ご紹介するのは鳥取県にある「お菓子の壽城(ことぶきじょう)」。まずはどんなスポットなのか壽城の木下嘉翔さんに教えてもらいました。

お菓子の壽城は鳥取県米子市にありまして、お菓子のテーマパークとして平成5年にオープン。 お菓子を始め海産物もあり、見て食べて楽しんでいただける施設になっています。

image 今年で21年目を迎える壽城ですが、なんといっても驚くのが、その外観。米子城をモデルにした大きなお城を高速道路から見かけた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?本物そっくりの立派な天守閣や旧米子城から石垣を一部移築するほどのこだわりようで、建物だけでも一見の価値があるスポットです。

城内には名物「とち餅」をはじめとした数々の和菓子・洋菓子や山陰の海産物がズラリと並び、試食やショッピングをまさに「見て」「食べて」楽しむことが出来るんです。
とち餅は、お菓子の壽城創業者の「おふくろの味」を再現した銘菓なんですが、いまや全国からその味を求めてリピーターがやってくるそうですよ。洋菓子では賞も受賞した「抹茶フォンデュ」というお菓子がオススメ。海産物では海苔やしじみもいいんですが、鳥取の特産を活かした「長芋蒲鉾」なんかも人気だそうです。

また、お城の天守閣部分は周囲360度を見渡せる展望台になっていて、東には大山、北には日本海を望むことができる絶好の展望スポットになっています。
その他にも見学通路からはガラス越しに「とち餅」が作られる工程を見ることができますし、2階の喫茶コーナーでは作りたての「とち餅ぜんざい」が人気ですよ!
そして同じフロアにあるのが「鬼太郎商店」。鳥取といえば鬼太郎も有名ですが、こちらでは品揃えも抱負でグッズを手にする女性も多いそうです。更にお菓子の壽城には面白い施設があるということで引き続き木下さんに教えてもらいました。

天守閣には「ツイてる神社」という神社がありまして、ここに設置してある鐘を小槌で鳴らすと つけばつくほどツイてくるというご利益があります。是非皆さんもこの鐘をつきにきてください!

これ、面白いですよね!是非、たくさん鐘をついてみてくださいね!
見て、食べて、遊んで、学べるスポット、「お菓子の壽城」。次のドライブでおでかけになってみてはいかがでしょうか?

交通アクセスです。
お菓子の壽城へは米子自動車道米子インターチェンジを下りてすぐ、およそ1分での到着です。