NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2014年

9月5日(金)

秋の始まりは世界遺産を眼下に望む宮島サービスエリアで過ごそう!(広島)

9月になりましたが、今年は少し早く秋の訪れを感じさせる涼しさの毎日ですね。
さて、これからの季節はますますドライブも楽しくなってきますが、毎月最初の金曜日は中国地方のサービスエリア、パーキングエリアの最新情報をお届けします。今日の情報も役立ててくださいね。

今週取り上げるのは、山陽自動車道宮島サービスエリア下り線。世界遺産・厳島神社のある宮島の手前にあるんですが、まずはどんな所にあるのか宮島サービスエリア下り線店長の道上訓広さんに教えてもらいました。

道上 )安芸の宮島と瀬戸内海の島々を眺めることが出来るサービスエリアです。
公園には島々を眺めることの出来る展望台、そこには望遠鏡などがあり四季折々で楽しんでいただけます。

宮島は年々観光客の数も増える日本有数の観光スポットですが、その宮島や瀬戸内海の島々を眺めることのできる絶好のロケーションということで、お正月には、初日の出を見に来られる方もいらっしゃるそうですよ。
敷地内にある厳島神社の鳥居をモチーフにした交通安全の鳥居は記念写真にピッタリのスポットとして人気で、広島に来た!という一枚が撮れそうですよね。

そして、いい景色を眺めたら、次に楽しみたいのがグルメ!
こちらのサービスエリアにある「磯もみじ」は、宮島を眺めながら食事の出来るレストランで、地元広島で育った牡蠣や穴子、あさりなど海の幸をふんだんに使った料理が楽しめます。この他にも広島のお好み焼きが食べられるコーナーや「瀬戸内レモン」「もみじまんじゅう」「あまぐり」といったオリジナルご当地ソフトクリームもあるので、こちらも見逃せませんね

また、お土産では「かきしょうゆドレッシング」や「かきしょうゆポン酢」それからやっぱり「もみじまんじゅう」などがオススメなんですが、最近新しい定番となっているのが、宮島新銘菓「宮島ポミエ」。
これはフランスのモンサンミッシェルと厳島神社がともに「海に浮かぶ世界遺産」ということで、そのモンサンミッシェル市のあるノルマンディー地方の名産「りんご」と宮島銘菓をコラボさせたもので、オリジナルのカステラ生地にたっぷりのカスタードクリームとシャキシャキのりんごの果肉を詰めた甘~いお菓子になっています。いつもとはちょっと違ったお土産を買って帰る、というのもいいんじゃないでしょうか?
過ごしやすいこの季節のドライブでは、是非宮島サービスエリア下り線に立ち寄ってみてくださいね。

交通アクセス
「宮島サービスエリア下り線」は山陽自動車道五日市インターチェンジと廿日市ジャンクションの間にあります!