NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2014年

10月17日(金)

芸術、歴史、そして遊びを一度に満喫!(山口)

朝と夜になると、少し寒いな~と感じるようになってきましたね。
でも太陽が出るとぽかぽか暖かくてお散歩に出かけたくなりませんか?
そんな気持ちのいい日には、こんなドライブスポットへ遊びに行きましょう!

今日紹介するのは、山口県にある宇部市ときわ公園です。
日本の都市公園100選、日本さくら名所100選などに選ばれているとてもきれいな公園なんですよ。春には桜、夏には菖蒲、秋には菊など、四季折々の花を楽しむこともできて、この公園の広さはなんと東京ドーム40個分!
早速ですが、この広い公園の概要について、ときわ公園の川口修平さんに伺いました。

川口)
ときわ公園はですね、常盤湖を中心に広がる、緑と花と彫刻に彩られた総合公園です。
園内の施設でですね、ときわミュージアム、ときわ遊園地、石炭記念館等々あります。年間通じてとても楽しめる公園となっております。是非皆さんお越しください。

公園といってもいろんな施設が入っているんですね。
このときわ公園がある宇部市は石炭の町として有名で、この石炭産業を後世に伝えようと石炭記念館が建てられたんだそうです。建物の中にはおよそ3000点の機材や資料が展示されていて、戦前の炭鉱住宅も復元されているなど当時の人々の暮らしも見ることができるんですよ。
さらに、ときわミュージアムでは世界の彫刻家からも熱い視線が注がれる国際公募展、「うべビエンナーレ」が2年に1度開催されて、今年がちょうどその年でなんです!
野外には過去の受賞作品が常設展示されているので、そちらも合わせて楽しむのもいいかもしれませんね。

そんな盛りだくさんなときわ公園ですが、なんと現在動物園も建設中なんだそうです。一体どんな動物園ができるんでしょうか。

川口)
来年春一部オープン、それから再来年の春フルオープンを目指して今準備を進めております。
どういった動物園になるかといいますと、主に霊長類の展示が中心になるんですけども、その住んでいる環境を再現いたしまして生息環境展示という動物園になっております。

柵などを特につけず、動物を間近にみることのできる動物園になるそうですよ。
西日本では珍しい動物園の形ですので貴重な経験になりそうですよね。
芸術、歴史、そして遊びと子供から大人まで楽しむことができます。ぜひこの季節、宇部市ときわ公園へ行ってみてはいかがでしょうか。

それでは交通アクセスです。
宇部市ときわ公園へは、山陽自動車道、山口南インターチェンジからおよそ15分で到着です。