NEXCO西日本 Drive.Escort

週末プラスα

2014年

12月5日(金)

地元のグルメがいっぱい!勝央サービスエリア上り線(岡山)

12月に入り、今年も残すところ1ヶ月となりましたね。そろそろ年末年始の予定を立て始めた人も多いのでは?今日はそんな人におすすめのサービスエリアを紹介しますので、是非参考にしてみて下さいね!

さて、今日ご紹介するのは、中国自動車道勝央サービスエリア上り線です。
岡山にある勝央サービスエリア上り線は今年で40周年を迎える歴史のあるサービスエリアで、周辺には温泉街の湯郷温泉があるということで長い間、多くの方が利用しているんですよ。
そんな勝央サービスエリア上り線には大人気のお土産があるそうなんですが、どんなお土産なんでしょうか?
勝央サービスエリア上り線の支配人・田淵拓也さんに伺いました。

田渕)今お店で、よく売れている商品は「晴れどら」というどら焼きです。特徴としては、岡山産の米粉を使った生地、こちらがモチモチとした食感で、試食をしていただいたお客様にはかなり好評です。オリジナル商品として販売していまして、従業員も自信をもっておすすめしています。

この「晴れどら」は“晴れの国おかやま”ということから天気が晴れるの「晴れ」を表した、太陽のように真ん丸な形をしたら焼きなんです。モチモチの生地と、中に入っている大納言の小豆が特徴で、大人気のお土産なんですよ。
その他にも、寒い時期にぴったりの「しょうがはちみつ」もおすすめ。
地元、美作地方の養蜂場で採れたはちみつを使用していて、紅茶に入れても良し、そのままお湯でといて飲むのも良しということでよく売れているそうです。

そんな勝央サービスエリア上り線ですが、グルメではここでしか食べることのできないどんぶりもあるんですよ。

田渕)岡山県で有名な備豚を使いました、美作備豚丼という丼を用意しました。特徴としては豚肉を竜田揚げにしてそれを焼き肉のたれに絡めています。あとトッピングとして、生卵とアスパラを上に乗せています。かなりスタミナの付くボリューム感のある料理になっています。

ここ美作地方は昨年で建国1300年を迎え、それを記念して地元の豚を使った備豚丼がつくられたそうなんです。販売を開始してから今までずっと人気で、今では津山ホルモンうどんと同じくらいよく頼まれるんですって!
本当に話を聞いただけでも、食欲がそそられるどんぶりですねよ。
グルメにお土産に、食がたくさん詰まった勝央サービスエリア上り線にドライブの際は立ち寄って、ゆっくり休憩してみてはいかがでしょうか?

交通アクセス
勝央サービスエリア上り線は中国自動車道津山インターチェンジと、美作インターチェンジの間にあります