知っとる?ハイウェイ♪

2007年

1月26日(金)
知っとるNO.4
 「落下物の対応の仕方って知っとる?」
 R.N シーズー

月末のドライブエスコートでは、高速道路の謎や秘密に迫っています。
今回は「ときどき高速道路で落下物を見かけます。危ないなぁと思う事もあるんですが、こういう時ってどうしたらいいんでしょう?あと高速道路に多い落し物ってなんなんですか?」という質問をシーズーさんからいただきました。

それでは今回もドライブエスコートが調査させていただきます!

落下物の対応について、今回は西日本高速道路株式会社 道路管制センター交通グループの渡辺秀則さんに教えてもらいました。

■もし、自分が積荷を落としてしまった場合は・・・
すぐに道路管制センターに連絡してください。連絡は概ね1kmおきに設置されている非常電話、もしくは携帯電話でしてください。
非常電話の場合は受話器を上げるだけで道路管制センターにつながります。
携帯電話からの場合は「♯9910」のあとに「40」をプッシュ。(40は中国地方に限ります。)

その際には、どこに落下物があるかを細かくお知らせ下さい。
道路名・上下線の別・キロポストの表示など。より細かい情報が素早い回収につながります。

■走行中に自分が落下物を発見した場合は・・・
基本的には落としてしまった場合と同様ですが、高速道路上での停車は非常に危険なので、サービスエリアやパーキングエリアなどの非常電話もしくは料金所にいる係員に知らせてください。

■中国地方で多い落下物は・・・
タイヤのバースト片、シート、毛布、木材、ダンボールなどが多いそうです。

■落下を防ぐためには・・・
出発前の点検をしっかりすること。また、タイヤのバースト片はタイヤの空気圧の低下から起こるタイヤの破損からなるのでタイヤの空気圧をチェックすることを心がけてください。

知っとる?ハイウェイ♪では、このような高速道路に関する疑問や秘密を皆さんから募集しています。
知っとる情報を持っている方はドライブエスコートまでお寄せください!



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.