知っとる?ハイウェイ♪

2009年

1月30日(金)
知っとるNO.28
 「もしもの時に助かる電話ハイウェイメディカルコールって知っとる?」

今回は、広島市安佐南区にお住まいのR.N祇園のユミさんから、こんな疑問を頂きました。 「森本さん、こんにちは!この前、高速道路を使ってドライブをした時に、休憩で立ち寄ったサービスエリアで『ハイウェイメディカルコール』なるものを見かけました。
初めて見たんですが、あれって一体何なんでしょうか?」
ということで、今回もドライブエスコートがしっかりと調べてきましたよ!

さっそく、西日本高速道路株式会社中国支社・事業開発室の弥重真弓さんに、聞いてみました。

まず、このハイウェイメディカルコールとは、どういったサービスなんでしょうか?

●ハイウェイメディカルコールとは、去年の10月から始まったもので、高速道路をご利用のお客様に対し、病気やけがの応急手当の方法や医療機関をご案内するサービスです。インフォメーションのカウンターに設置してあり、24時間ご利用いただけます。

ドライブ中に体調を崩したり、急に具合が悪くなることもありますよね。そんな、もしもの時に助かるサービスが、このハイウェイメディカルコールなんですね。

では、中国地方に何箇所くらい設置されているのでしょうか?

●全国207箇所のうち、中国支社管内ではインフォメーションのあるサービスエリア22箇所に設置してあります。

降りる予定のインターチェンジを伝えれば、そこにある病院を紹介してもらえるのも嬉しいですね。

では、このハイウェイメディカルコールは、どのようにして使えばいいのでしょうか?

●専用の携帯電話のボタンを1秒以上押していただくとメディカルコールセンターに繋がりますので、相談内容をお伝え下さい。経験豊富な専門医がお答えします。

例えば、服用している薬が車の運転に支障がないか、などの質問もあったそうです。
でも、これだけ操作が簡単だとお子さんからご年配の方まで、誰でも安心して使えますね。
高速道路上だと、焦ってしまう事もあるかもしれませんが、もしもの時は落ち着いてハイウェイメディカルコールを利用してくださいね。

ということで、今日はもしもの時に助ける電話・ハイウェイメディカルコールについてお届けしました。

知っとる?ハイウェイ♪では、このような高速道路に関する疑問や秘密を皆さんから募集しています。知っとる情報を持っている方はドライブエスコートまでお寄せください!



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.