知っとる?ハイウェイ♪

2009年

6月26日(金)
知っとるNO.33
 「サービスエリアに体を動かせる遊具があるって知っとる?」

今回は、広島市南区にお住まいのR.Nコパンダさんから、こんな疑問を頂きました。
「先日、ドライブ中サービスエリアに立ち寄った時、滑り台が設置されているのを子供が見つけ、遊ばせてもらいました。気をつけて見てみると、次の休憩で立ち寄ったサービスエリアでも同じような遊具をみつけました。こういうものって、どこのサービスエリアにもあるんでしょうか?」

確かに私もサービスエリアで遊具を見かけた事があります。
今回もドライブエスコートがしっかり調べてきましたよ!

さっそく、西日本高速道路株式会社中国支社・事業開発室の小柄博昭さんに、サービスエリアの遊具について教えてもらいました。
こういった遊具は、何を目的に設置されているんでしょうか?

●長時間の連続運転は疲労の原因となり、注意力や集中力の低下を招きますのでドライブ中の気分転換を目的として、鉄棒や背筋伸ばしなどの健康遊具や滑り台やジャングルジムなどの遊具を設置しています。
特に多くのサービスエリアで鉄棒を設置しています。

ドライブ中ずっと車の中にいると、ストレスも溜まりやすいですよね。
こういった遊具があると、子供も退屈せず目的地まで行けそうです。

では、こういった遊具や気分転換の施設で、鉄棒などのほかに面白いものってあるんでしょうか?

●全国では3ヶ所ほど、観覧車が設置されているところもあります。
その他、中国地方では宮島SA下り線に鳥居があったり、福山SA上下線ではバラ園が整備されていたりします。

サービスエリアで観覧車に乗れるなんてビックリですよね!
高い所から見下ろす高速道路というのも面白そうです。
他にも、季節によってはホタルが見られるところもあるそうですよ。

最後に、こういった遊具が置いてある場所は、どうやって調べたらいいんでしょうか?

●サービスエリアの敷地内のお客様の目にとまりやすい場所に備え付けています。サービスホールディングスのホームページでも写真入りで紹介してますので是非そちらもご利用ください。

遊具でお子さんを遊ばせる時は、保護者がしっかりと付き添ってあげてくださいね。楽しそうな遊具がある場所を事前に調べて、サービスエリアに寄ってみるのもいいですね。
ということで、今日は、サービスエリアに設置されている遊具についてお届けしました。
是非皆さんも日頃気になる高速道路の疑問があればドライブエスコートまで送ってください。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.