知っとる?ハイウェイ♪

2010年

2月26日(金)
知っとるNO.40
 「高速道路逆走の危険って知っとる?」

今回は、広島市中区にお住まいのR.N レモンキティ さんから、こんな疑問を頂きました。
「森本さん、教えてください!最近、テレビなどで高速道路を逆走してしまうというニュースをよく耳にする気がします。私自身、仕事柄高速道路を使うことが多いのですが、実際に逆走している場面にあったら、どう対処すればいいものなのでしょうか?」

時々ですが、高速道路を逆走してしまうというニュース、聞くことがありますね。
そこで、今回もドライブエスコートがしっかり調べてきましたよ!

さっそく、西日本高速道路株式会社中国支社・保全サービス事業部 交通グループのグループリーダー、井上輝美さんに、高速道路の逆走について教えてもらいました。
まず、中国地方でも「逆走」はあるのでしょうか?

昨年、中国地方では79件発生しました。主に交通量の少ない中国道とジャンクション周辺で多く発生しています。
1年で79件、ということで、思ったより多かったんですね。
交通量が少ないと、他の車とすれ違う機会も少なくなり、自分が逆走してしまっている事に気付くのが遅くなってしまうんですね。
ジャンクションなどで、進行方向を間違えたことにより、Uターンをして逆走してしまう、というパターンもあるようです。

では、実際に逆走車両を発見したら、パニックになってしまいそうですが、どのような対処を取ればいいのでしょうか?

情報板に「逆走車有注意」と表示されましたら、速やかに減速して路片側によって逆走車両を回避してください。そのあと、安全な場所から110番、非常電話で通報をお願いします。

逆走が発生してしまった場合、大きな事故にも繋がる恐れがあるので、間違っても逆走車に自分で知らせようとせず、路肩によって衝突を避けてくださいね。
ちなみに、逆走車両のほとんどは逆走に気付いてないことから、追い越し車線を走る傾向があるんだそうです。
(つまり自分の進行方向に対して右側の車線を走ってくるということ)

では、最後に逆走をしないために気をつけることは、何なのでしょうか?
逆走の主な原因としては、道間違い、思い込みなどによるものですので、事前に目的地のICや経由路線を確認していただき、目的地に近づいたら案内標識に十分注意してください。もし、通り過ぎても次のICまで走行していただき、料金所の係員にお申し出ください。
特に初めて走る路線などの場合は、しっかりとドライブ計画を立ててから安全に走ることを心がけてくださいね。

ということで、今日は、高速道路での逆走についてお届けしました。

是非皆さんも日頃気になる高速道路の疑問があればドライブエスコートまで送ってください。



-BACK-



Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.