NEXCO西日本 Drive.Escort

知っとる?ハイウェイ♪

2013年

1月25日(金)

知っとる?ハイウェイ♪第67回~高速道路の信号機って知っとる?~

さて、毎月最終週はハイウェイに隠された謎や秘密を紹介しちゃおう!というコーナー、知っとる?ハイウェイのコーナーです。
第67回目となる今回も、知ってるようで知らなかった?高速道路の素朴な疑問にお応えします。それでは早速いってみましょう!

知っとるNO.67「高速道路に信号機があるって知っとる?」

今回は、山口県宇部市の「上まつ毛より下まつ毛の方が長い」さんから、こんなお便りをいただいています。
「森本さんこんにちは。先日県外の高速道路を走っている時の事です。高速道路なのに信号機があったんです!
本来、高速道路は信号なしで走行できる道路なはずだと思うんですが、あの信号機は何のためにあるのでしょうか? 」

と、いうことで私も高速道路に信号がある。って話は聞いたことがあるんですけど、実際に見たことはまだないんです。確かに高速道路に信号って、何に使うものなんでしょう?

というわけで、今回もしっかりお話を伺ってきましたよ。

お話を聞いたのは、ネクスコ西日本中国支社、交通管制課の清水 一生さんです。
清水さん、高速道路にある信号機は、いったい何のためにあるのでしょうか?

  • 確かに、高速道路本線上に信号機はございます。
    中国地方の高速道路にはありませんが、長いトンネルの入口手前に信号機が設置されている場合があります。
    この信号機は、万が一、トンネル内で事故や火災などが発生した場合に赤色に変わり、トンネル内に進入出来ませんということをお知らせしているものなんです。

なるほど。長いトンネルだと奥の方でなにか起きても、気づかずに侵入してしまうこともあるかもしれませんよね。一回入ってしまうとUターンもなかなか出来ないですからトンネル内に入ることが出来ないよ、ということを知らせてくれるための信号機だったんですね。
ちなみに中国地方の高速道路にはない。と言う事でしたが近い所で言うと、九州の高速道路なんかに、この信号機が設置されているそうです。
では、信号が赤色の時に遭遇した場合は、どうすればよいのでしょうか引き続き、清水さんにお聞きしました。

  • トンネル入口の信号が赤色の場合は、あわてずトンネル手前で停車してください。
    また、後ろの車にもハザードランプを点灯し、教えてあげてください。
    また、高速道路には信号だけでなく、たくさんの情報板が設置されており、そこから先の道路の状況など様々な情報が表示されています。
    信号だけでなく、情報板もチェックして、安全運転をお願いします。

普段見慣れないだけに赤信号を見た時には慌ててしまいそうですが、今日の放送を機会に、もしもの時に備えてくださいね。そして情報板もこまめにチェックして安全安心なドライブを楽しみましょう!

…というわけで今回の知っとるハイウェイは、「高速道路の信号機」についてご紹介しました。
是非皆さんも日頃気になる高速道路の疑問があればドライブエスコートまで送ってください。